【リクエスト・購入多数】Googleマイビジネスを使った店舗の集客方法について有料コラムを公開しました

先日、「Googleマイビジネスを使ったWEB集客方法について有料noteを書いたら需要はありますか?」とツイッター上で尋ねてみたところ、複数の方から「欲しい」という声をいただきました。

 

 

いやぁ、ここまで言われたら書くしかないなと。本当にうれしい限りです。

 

これまでも、わたしはツイッターやこのブログで、無料で「Googleマイビジネスを使った店舗のオンライン集客」に関して紹介してきました。

 


 

ただ、ツイッターにしろブログにしろ、やっぱり情報が細切れですし、前提条件を理解していないとわかりづらいことも多々あるので、「Googleマイビジネスの集客をこれから頑張りたい人」に向けて、まとめた情報提供をしたいと思っていたのも事実。

 

そこで今回noteを使って「Googleマイビジネスを使ったWEB集客方法」としてまとめ記事を公開させていただいたのです。

 

有料にした理由としては、「記事中で自社のデータも惜しみなく公開しているから」。本来非公開のデータも含まれていますし、記事を書いた手間分は別に良いとしても情報代のようなものだと思っていただければ幸いです。

 

肝心の反響は?

ちなみに、今回公開した記事の反響ですが、すごくご好評いただいたようで、1冊の本よりも高い価格にも関わらず、公開から数時間で20名近い方にご購入いただきました。

 

 

 

この記事を書いている最中も少しずつご購入された方が増えている状態です。

 

 

note通知画面

 

しかも、なかにはわざわざ感謝のメッセージまで書いて、サポート支援の500円を追加で送っていただいた方まで!こちらがご購入いただいてありがたいぐらいです。

 

おすすめ

 

今回、Googleマイビジネスの記事を公開して感じたのは、思っていた以上に「Googleマイビジネスには不透明な部分が多く、参考にしたいと思っている方が多い」ということ。

 

自社サイトやレビューサイトなどに比べて、まだまだ競合も少ないうえに効果も高く、「店舗のオンライン集客方法」としてはブルーオーシャンとされるGoogleマイビジネス。

 

一方で、競合が少ないということは、そのぶん表に出ている情報も少ないということ。

 

今回公開させていただいた有料noteがみな様のWEB集客にお役に立てれば幸いです。

 

noteを運営し続ける限りは、有料記事を出し続けるつもりですが、売れ行きに応じて、今後は少しずつ値上げをしていくかもしれません。あまり表に出したい情報ではないので、たくさんの方に売れても困りますからね笑

 

値段が高くなっていたら、それだけたくさんの方に読んでいただいた記事なんだと思っていただければ幸いです。

 

4か月でGoogleマイビジネスのアクセス数が1.3倍越え!検索順位をあげるための知名度アップの方法

最近、店舗のWEB集客のひとつとして、Googleマイビジネスを使ったMEO(ローカルSEO)に力を入れています。

 

正直、Googleマイビジネスのアクセスアップ法についてはまだまだ情報が少なく、日本語で調べてもほとんどノウハウが出てきません

 

手探りながら、いろいろと取り組んだ結果、アクセス数を増やすことに成功しましたので、情報共有として「どのようにしてアクセス数を上げたのか?」について紹介したいと思います。

 

  • なぜ今Googleマイビジネスなのか?
  • MEOに取り組んだ結果、検索数は1.36倍に!
  • どのようにアクセス数を上げたのか?
  • WEB上での知名度を上げる方法
  • 今後の展開は?

 

なぜ今Googleマイビジネスなのか?

そもそも、なぜ今Googleマイビジネスを使ったMEOに力を入れているのか

 

以前は自社サイトを使ったSEOやSNSでの集客に力を入れていましたが、

 

「最近目に見えてGoogleマイビジネスからのアクションが多くなってきた」

「まだ他社が力を入れていないので、手をかけた分だけ成果につながりやすい」

 

という2点の理由からMEOに力を入れています。

続きを読む

元ブロガーがプレスリリース初発行で21メディア掲載!効果ややり方、書きかたは?

先日、弊社で新しく始めたサービスのプレスリリースを発信したところ、21メディア様に記事を掲載していただきました。

 

プレスリリース

 

サイトの価値をベースに算出した広告費、いわゆる「広告換算値」だと543,350円だそう。※「広告費ってそんなに高いんだ……」というまったく的外れな感想を抱いたのは別のおはなし……。

 

その後も、「新セミナー情報」で2回目のプレスリリースを発信してみましたが、そちらも20弱のメディア様に掲載されたので、プレスリリースの発信の基礎はつかんだと言っていいでしょう。

 

そこで、プレスリリースの効果はその後どのぐらいあったのか、どのようなやり方でプレスリリースを出したのか、どんな書きかたをしたのかなどをご紹介していきます。

 

  • プレスリリースの効果は?
  • SEOへの効果はあるのか?
  • プレスリリースのやり方は?
  • プレスリリースの書きかたは?
  • 初めて発信したプレスリリースの感想
続きを読む

請求書の書き方なんて勉強不要!請求書をすぐに作れるmisocaを現役社長がレビューします!

普段の業務をこなすなかで面倒なのが、事務作業

 

特に、零細企業や個人事業主、フリーランスにとっては請求書や納品書・見積書の作成業務は地味に時間を圧迫するやっかいな存在です。

 

ですが、そんな事務所類の作成業務・発送業務を圧倒的に楽にしてくれるサービスがあります。それがmisoca(ミソカ)

 

 

「請求書を1分で作成」を公式でうたっているmisocaですが、その魅力や実際に使ってみての評価を現役(零細)社長がレビューしてみました。

 

特に、これまでこうした請求書作成サービスを使ったことがない方向けに、これまでのEXCELやWORDを使った請求書作成業務といったい何が違うのかをご紹介します。

 

EXCELで請求書を作ってきた結果…

まず、すでにご存じの方も多いでしょうが、これまでの請求書のつくり方・発送の仕方は以下の通り。

 

事前準備

・プリンタと封筒、インクと印刷用紙を用意

・EXCELもしくはWORDのテンプレートをダウンロード

 

実際の手順

1. 納品書の情報と照らし合わせながら請求書を作成

2. 請求書を印刷

3. 封筒に宛先を記入し、自社のゴム印を押す

4. 請求書を封筒に詰める

5. 郵便局もしくはポストに封筒を持っていき、発送

 

かかった費用(1件あたり)

100円程度

 

弊社では卸売り業がメインではないため、今のところ請求書を送っているのは月にせいぜい10件前後ですが、それでもこの作業に1時間程度の時間がとられていました。

 

特に、郵便局に行く時間や備品をそろえておくのが面倒なんですよね。インクや封筒代に発送料など、領収証の品数がむやみやたらと増えるのも避けたいところです。

 

ただ、misocaを導入し始めてから、請求書の発送業務は以下のような手順になりました。

 

事前準備

1. 発送先の住所と自社の住所を登録

 

実際の手続き

1. misocaで作った納品書(見積書)をそのまま請求書に変換

2. 請求書の発送ボタンを押し、請求書を発送(※有料プランのみ)

 

かかった費用(1件あたり)

160円

 

一番の違いは、misocaを使えば、ボタン一つでそのまま納品書を請求書に変換し、作成できるということです。これだけで、大きな時間短縮ができます。

 

f:id:nyarumeku:20180508164809p:plain

 

一件あたり60円程度の経費増加で、10分以内にはすべての請求書を作成できるようになったのです。

 

月額700円程度の有料プランに加入すれば、さらにボタン1つで請求書の発送代行までしてもらえます。弊社以上に請求書を多くの企業に送っている方であれば、さらに大きな時間短縮になるでしょう。

 

f:id:nyarumeku:20180508171604p:plain

 

パートやアルバイトスタッフに請求書作成、発送は任せてしまっているという方でも、スタッフの時給を考えれば、請求書サービスを使ったほうがいいのは明らかです。

 

ちなみに、1件の発送先に対して納品書を何通も発行している場合は、「納品書をそのまま請求書に変換」ができないため、通常の請求書作成業務と同じように、納品書を見ながら請求書を作成する必要があります。

 

ですが、それでも封筒に記入したり、発送業務がないだけでかなりの時間短縮になるのは間違いないでしょう。

 

公式サイト⇒無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

続きを読む

自社サイトでブログを書き始めたら、ソーシャルシェアが増えてアクセス数も増えた話

弊社では、いくつか店舗を経営しています。

 

その店舗ごとに必ずホームページを作成して、コンテンツをある程度充実させるのですが、自社サイトには必ず困った問題が起きてきます

 

その問題とは、「自社サイトはSNSでシェアされにくい」ということ。

 

ある意味当然のことですが、普段の生活でいくらそのお店が気になったからといって、そのお店のURLをフェイスブックでシェアしたり、ツイッターにつぶやいたりはしないですよね?

 

そこで、弊社ではと"ある対策"をしたところ、SNSでのシェアが増え、結果として検索順位でも幅広いキーワードで上位を占めることができました。

 

では、その"対策"とはいったいなんでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20170805145719j:plain

続きを読む

アフィリエイターは融資を受けられるのか?新たな事業を展開するために

「アフィリエイターは社会的な信用がない」

 

ツイッターでも、アフィリエイターの方は自虐的にネタにすることがあります。

 

実際のところ、一部に詐欺との関連性があったり、Web広告によってサイトの検索結果に不満を持つ人が多い現状で、あえて人様に「職業はアフィリエイターです」と自称する人が少ないのも事実(※アフィリエイターと言っても理解してもらえないから、というのもあります)。

 

そのため、そんな"怪しいビジネス"に取り組んでいる「アフィリエイターでも銀行や公庫の融資を受けられるか?」については疑問を持つ人も多いでしょう。

 

ネットで調べてみても、「アフィリエイターの住宅ローン融資」については書いている人がいましたが、意外と「アフィリエイターの事業性融資」について書いている人はあまりいませんでした。

 

そこで今回は、アフィリエイターが第二創業(アフィリエイト以外で新たな事業を始める)で融資を受ける場合について、なにか問題があるのか、アフィリエイターは事業性融資を受けることができるのかについて簡単にご紹介します。

続きを読む