企業やお店の定休日は土曜・日曜をおすすめしたい理由

なにかしらの事業を立ち上げるとき、地味に頭を悩ませるのが定休日の設定

 

普通の企業なら土日・祝日あたりが定休日に設定されますが、飲食店や小売業などのサービス業だと、特に平日を定休日に設定することも多いと思います。当然、土日のほうが平日よりも来客が多いからです。

 

ただ、わたしは今、こうした特別な事情がない限り、定休日の設定は土日・祝日をおすすめしています。ひょっとすると、後々大きな後悔をすることになるかもしれないからです。

 

f:id:nyarumeku:20170925223917j:plain

 

「みんなが休むときに休む」は大事

事務所を構え、事業を立ち上げて、はや2年。

 

立ち上げは小売りや卸売り、コンサルメインのサービス業だったため、土日を出勤日にし、代わりに平日を定休日に設定しました。小売りやコンサル業のお客様は土日の来社が多いと見込んだからです。

 

実際、これは狙い通りになり、平日よりも土日のほうが多くのお客様がいらっしゃいましたし、平日を休みにしたことでここまで続けられてきた部分もあると思います。

 

ただ、ここ最近では土日・祝など「みんなが休むときに休む」生活の大事さを思い知るようになってきたのです。主な理由は以下の通り。

 

・結局、休みの平日に業務をすることになる

・メーカーへの発注などができず、業務が止まる

・社員、スタッフの満足度に影響する

・子持ちスタッフの業務や家庭環境に影響する

 

結局、メーカーや取引先などは普通の企業と同じで土日・祝日が定休日。メールや取引の電話は平日にかかってくることになります。

 

すると、どうしても急ぎの業務の場合がでたとき、請求書の発送やメールのやり取り、出張などの業務を休日に挟み込まなければいけない時が出てくるのです。

 

特に、小売や卸売り業などをやっていると、メーカーは基本的にどこも土日休みのため、こうした平日業務が増えてしまいます。

 

こうなると休むどころではありません。

 

社長である私が働き詰めになることはかまいませんが、スタッフの休みの日に電話連絡をしなければいけないときは非常に申し訳なくなります。結果として、会社に対する満足度も低くなるでしょう。

 

f:id:nyarumeku:20170925224014j:plain

 

そして土日労働の一番の問題は、子持ちスタッフに特に大きくのしかかります。保育園や学校が休みのため、子どもやパートナーが体調を崩したときなど、万が一の場合に業務に支障が出てしまうからです。

 

実際、知人にも「子どもの将来のことを考えて、土日を休みにしたく、サービス業から転職しました」という方もいらっしゃいます。

 

「土日は来客が多いから平日を定休日にする」というメリットを超えて、こうしたデメリットが企業としての成長を妨げる可能性があると感じてきたため、最近では特に、企業の定休日は「みんなが休むときに休める」よう設定するべきなのかなと思い始めているころです。

 

例外は飲食店や美容室などのサービス業

ただ、飲食店も経営していると、やはり飲食店などのサービス業は土日・祝日に定休日を設定するとは言えないなと実感します。

 

オフィス街などの一部のエリアを除いて、平日よりも圧倒的に土日の売上が高いからです。弊社であれば、およそその差は3倍ほど。

 

f:id:nyarumeku:20170925224032j:plain

 

この数字だけを見れば、やっぱり飲食店は定休日を平日に設定するほうが無難としか言えません。実際、飲食店に慣れているスタッフは、平日休みのメリットをこんな風に教えてくれます。

 

・休日よりも人が少ないので、観光地や遊びに行くのも快適

・交通手段が土日より安く、旅行がしやすい

 

ただ、これはあくまでやっぱり"良いところ"だけを見たメリット。

 

実際には、土日祝日休みのほうが圧倒的に多くのメリットがあるはずです。

 

最近では、できる限りスタッフの負担を減らせるよう、フレキシブルに休みをとれる環境を用意できないか頭を悩ませています。

 

たとえば、1日当たりの労働時間を延ばすかわりに、週休3日にするなどの制度を導入して、「働くときはキッチリ働く代わりに休むときはしっかり休む」スタイルの確保をしたいといったことも考えている最中です。

 

もちろん、飲食店は普通「どれだけピークタイムに多くの接客をしたか」で売上が決まるので、「〇〇日に数時間多く働いたから、1日休みを増やせる」というカタチを単純には導入できません。

 

まずは売上を確保することが企業としては第一。それができて初めての会社整備です。

 

まだまだいろいろと頭を悩ませている段階ですが、サービス業もメインとする企業としての安定したカタチを模索している最中です。

 

"立ち上げ"から"成長"へのステージを迎えて

事業立ち上げ初期のうちは、定休日について深く考えることはありませんでした。

 

だからこそ「土日のほうが売上が上がるから、平日を定休日にしよう!」という軽い気持ちで定休日を設定できたわけです。

 

ただ、社員の子どもが成長してきたり、いろいろな事業に手を出したりとしていくうちに、だんだんと「みんなが休むときに働く」弊害を感じるようになってきています。

 

これから、企業の成長を考えていく段階に入って、改めて定休日について考え直すときが来ているのかもしれません。

 

いろいろ選択肢はあると思いますが、もしこれから事業を立ち上げようと考えている方がいたら、ふと"仕事の休み"について立ち止まって考えてみることをおすすめします。