アフィリエイト教えます ー自称アフィリエイターのコンサルタントの甘い汁にはご用心ー

最近、「アフィリエイターのコンサルタントからコンサルを受けている」という人たちからご相談を受けることが何度かありました。

 

当然ですが、コンサルタントなので報酬は発生しています。

 

ですが、聞いてみるとあまりにひどい。コンサルタントどころか普通のアフィリエイターなら誰でも知っているような情報ですら伝えてもらっていないのです。

 

結果として、いずれの方にも「そのコンサルタントとは契約を打ち切ってください」と伝えることになりました。

 

私が聞いた事例は、どれも数年にわたってコンサルタントへ報酬を支払っていたため、損害額も100万超。詐欺とは言えませんが、悪質であることには変わりありません。

 

そこで、こういった被害にあわないため、「これからアフィリエイターにコンサルティングを依頼しよう」と考えている方に向けたポイントをお伝えしようと思います。

 

f:id:nyarumeku:20170501105841j:plain

 

なぜアフィリエイターにコンサルを頼むのか?

アフィリエイターにコンサルタントを依頼する事例は、私が知る限り主に2つ。

 

1. アフィリエイターに自社サイトを宣伝する方法を聞く

2. アフィリエイトで収益を上げる方法をアドバイスしてもらう

 

1個目は、アフィリエイターというより、Webコンサル、SEOコンサルのような使い方でアフィリエイターに依頼する事例

 

正直、こちらはアフィリエイターにあえて頼む理由はないですし、多くの人はSEOコンサルに頼むと思うので、今回主に取り上げるのはアフィリエイトで収益を上げる方法をアドバイスしてもらおうと考えている方。

 

つまり、「自分もアフィリエイトで生計を立てたいので、誰かにアドバイスをもらおうというパターンのコンサル」についてお話します。

 

アフィリエイターになるなら、"まず自分でやってみる"こと

もし、アフィリエイターになることをあなたが目指しているなら、「まず自分でコンテンツを作る」ことを一番に考えてください。

 

サイトを作るスキルがあるならサイトを、それすらないならブログを書いてみることです。

 

コンサルタントは自分でコンテンツを作ったあとでも全く遅くありません。というより、自分でブログやサイトを作った経験が一度もなければ、(本当の)アフィリエイターが伝える内容の半分も理解できないと思います。

 

このとき、できれば闇雲にコンテンツを量産するのではなく、「読者に読んでほしい情報」もしくは「読者に自分が伝えたい情報」を意識しながらブログやサイトを作ってみるとよいでしょう。

 

自分でコンテンツを作る経験をしていると、結果として成功しようが失敗しまいが、アフィリエイトに関する話の理解度が格段に上がると思います。コンサル側もアドバイスしやすいので、なにかしらのコンテンツは持っておくべきです。

 

コンサルをしてくれるアフィリエイターの探し方

さて、「良質な情報を定期的に更新し続けているのにアクセスが集まらない」もしくは「アクセス数は集まったのにまったく収益につながらない」といった状態が数か月ほど続いたとしたら、コンサルタントや情報商材に頼ってみるのも手かもしれません。

 

もちろん、本当に質の高いコンテンツを更新し続けているのであれば、ブログやサイトのお引越し、レイアウトの見直し、キーワードの選定などで改善できる可能性はあります。

 

ただ、「コンテンツの更新以外でなにから手をつけていけばいいか分からない」というのであれば、コンサルを使うのも手です。一番貴重な、時間というコストを削減できる可能性が高くなります。

 

このとき、検索エンジンでアフィリエイターのコンサルを探す方が多いのですが、個人的にはあんまりおすすめしません。上位サイトには、結局自分のコンサルに促したり、メルマガの登録を促すものが多いからです。

 

一方、SNSなどで見ていれば、信用できそうなアフィリエイターはそこそこいるので、そういった方にコンタクトをして、コンサルタントを依頼してみるのもアリかと思います。

 

あとは、税理士などに聞いて、「アフィリエイターの知り合いはいないか?その人はコンサルに興味はないか?」と尋ねてみるのも手。税理士は収入を知っているので間違いないです。まあ、必ずしも税理士が仲介してくれるとも限りませんけどね。

 

コンサルタントに見切りをつけるタイミング

さて、コンサルの依頼をしたら、万事オッケー!……とはなりません。

 

コンサルの効果やスキルを見極めて、契約を継続するかも判断する必要があります。

 

まず重要なのは、コンサルを依頼するかどうかを決める初回相談

 

コンサルティングの依頼をする人は、すでにコンテンツを持っていると思いますので、コンサルタントに初回相談だけ別料金で頼めないか相談してみましょう。

 

アフィリエイトに限らず、まともなコンサルなら初回相談もなくいきなり契約を結ぼうとはしないはずです。

※万が一、初回相談のないマトモなコンサルだったとしても受講者からは判断できないですし、無理をする必要はないでしょう。コンサルは一人だけではないので、危ない橋を渡る必要はありません

 

できれば、まず初回相談の時点で自分のサイトやブログを見せて、「ここからどうしていくべきか」を相談してみましょう。

 

「その時の回答が明確かどうか」は評価をするうえで役に立ちます。

 

「サイト全体の構成が悪いのか」「キーワードの選定が悪いのか」「商材の選定が悪いのか」「コンテンツの見せ方やクオリティが悪いのか」etc……

 

きっとなにかしらのアドバイスをしてくれますし、具体的なアドバイスが無いとしたら信用しなくていいです。初回相談で納得できるアドバイスをもらえたのなら、契約を継続してもいいかもしれません。

 

そして、契約を継続したとしても、半年~1年以上経っても成果につながらない場合は契約を打ち切ってもいいでしょう。

 

"良いプレイヤーが良い監督になるとは限らない"と言うように、稼いでいるアフィリエイターが良いコンサルタントになれるとは限りません。また、コンサルの相性もあります。

 

成果が出ないことを続けてもムダなので、そのコンサル契約は打ち切ってしまったほうがいいでしょう。

 

ただし、あきらめがよすぎるのも良くありません。せめて検索結果に反映される3か月~半年の間は、成果の判断は待つべきです。コンサルを依頼するなら、それぐらいの時間は継続するつもりで利用しましょう。

 

 

アフィリエイター側から見たコンサルタント業務

最後になりますが、少し視点を変えて、そもそも稼いでいるアフィリエイターから見て、個人コンサルタントは魅力があるのでしょうか。

 

結論から言えば、「魅力はあまりありません」

 

唯一メリットをあげるとすれば、「少ないとはいえ固定報酬が定期的に入ってくる」ことに尽きます。固定報酬があれば、融資などお金を引っ張ってきやすいので、その意味での個人コンサル業務はアリだと思います。

 

ですが、稼げるアフィリエイターから見れば、(法人ならともかく)個人コンサル業務の報酬なんてスズメの涙どころか手間がかかることばかりで精神的に疲れるだけです。

 

塾やメルマガ、有料noteなどなら一度コンテンツを作れば配信するだけなので効率も悪くありませんが、個人コンサルは時間を取られます

 

1時間の面談を週に1回、月に3万円の報酬をもらうとすれば、時給は7,500円。週に5日・8時間で1か月働いたとしても、MAX月商は1,320,000円です。

 

実際には、コンサルをするとなるとコンテンツを読んだり、資料を準備したりといった時間が必要になるので、もっと売上は下がるでしょう。自分でアフィリエイトなり他の事業をやるなりしたほうが稼げます

 

絶対とは言いませんが、「本当に稼いでいるアフィリエイターからコンサルを受けられる機会はほとんどない」ことは念頭においたうえで、アフィリエイターのコンサルタントは探したほうがよいでしょう。