読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


地域情報ブログが熱い!ということで、名古屋や旅行記事をメインにした雑記ブログを作ってみた感想

最近、地域情報ブログに強い関心が集まっています。昔から地域を取り上げるブログはたくさんあったのですが、その効果や他メディアとのタイアップなどもあり、改めてその力が見直されているようです。

 

たとえば、枚方市の地域情報ブログである「枚方つーしん」なども、いろいろなブログやサイトで、地域情報ブログの成功例のひとつとして取り上げられるようになりました。

 

 

そのアクセス数は月間200万PV以上。この数字だけでも十分にすごいのですが、この地域ブログのすごいところは枚方市の人口が40万人程度であるということ。「人口の少ない都市だから」とあきらめてしまう必要はないということです。

 

ちなみに、ユニークユーザーは23万5108とのことですから、「たくさんの人に少しずつ見られている」というよりは、「ブログの情報に強い関心を持つユーザーを集められている」ということなのでしょう。

 

そのため、Google AdSenseなどのクリック広告だけでなく、地域の純広告を集められているので、その売り上げもなかなかのものになっています。

 

ほかにも、名古屋のオニマガなども面白く、アクセス数自体はまだものすごく多いというほどではないのですが、ライター自身が顔出しをして取材をするというスタイルで、雑誌などで何度も出版化までしているほど。

 

地域情報ブログの面白さ・メリットは既存の広告収益のみに頼らないところにあると思います。雑誌とのタイアップやテレビメディアに取り上げられるようになるといったイベントは、ほかのジャンルのブログではなかなかないことでしょう。

 

こうした地域情報ブログのユニークさが、今注目を集めている理由の一つなのかもしれません。

 

地域情報ブログにあこがれて

別に、こういった地域情報ブログに続こうなどとは考えていないですし、なんだかんだで街に定期的に出て取材、取材の連続をするほどの時間はないので、あくまで雑記ブログの延長線上として地域を取り上げるぐらいのつもりで、雑記ブログを一つ作ってみました。

 

 

ただ、本当に地域情報ブログを目指すのであれば、本来はなんでも取り上げる"雑記ブログ"なんてスタイルは取らないほうがいいのですけどね。なんだかんだ言って、書きたいことを書くだけのブログになりそうです。

 

ただ、まだまだ立ち上げたばかりで記事数もそう多くないのですが、このブログの読者になってくれる方も少しずつ増えていて、「読んでくれる人が目に見えやすい」という楽しさややりがいは地域ブログならではだなぁと改めて実感しました。

 

地域のことをメインにしつつ、いろいろなテーマについて書いてみて、雑記ブログの在り方を模索していければなと考えています。