就職や転職で採用されるために重要?経営者が面接をして嬉しかった受け答えのたった1つのポイント

最近、事業拡大のための新規スタッフの面接で、けっこう疲れた私です。就活や転職をする側の応募者も大変かもしれませんが、意外と他人の人生を左右するイベントってのは、やる側もシンドイものです。

 

 

一応、経営者ということもあって、面接に顔を出すようにはしているのですが、実は私は応募者の採否を決めるのがニガテなので、その辺は実務で直接関係があり、前職で面接での採用経験も豊富なスタッフに一任するようにしています。

 

応募者からしたら、代表が出張ってきているのに代表に決定権がないという、とんだトラップなのかもしれません。私にアピールしても仕方ないのですから。

 

それはともかく、面接の数を少しずつこなしていくうちに、ある程度「この人と一緒に働きたいな」と思える人がポツポツと現れだしました。しかも、それはスタッフの意見と全く一致。なにが原因なのだろうといろいろ考えてみた結果、そういう子には"とある特徴"があったのです。

 

誰を主体にして面接に臨むか

結論から言えば、そのポイントとは、「誰を主体にして面接の受け答えをするか」ということ。少しわかりにくいかもしれませんが、ざっくり新卒の面接場面で例示するなら以下の通り。

 

「大学で培った社交的な性格は御社の営業部門で、役立てるかと思います」

「大学ではイベントのサークルをやっており、居酒屋でバイトもしていたため、社交的な性格をしています」

 

就活や転職の面接対策本を読むと、「『○○(エピソード)だから××な性格、あるいは能力を持っています』と具体的な話を交えてアピールしてください」と書いてあるためか、けっこう後者の話し方をする応募者が多いです。

 

ただ、経営側からすると、後者のフレーズだけを言われても、あまり心に響きません。単純に聞き飽きているからというのもありますが、なにより自分本位のセリフだからです。

 

もちろん、具体的なエピソードを交えて性格や能力をアピールしたほうが良いのは間違いありません。でも、そのアピールはなんのためのものでしょうか。会社は有能なだけの人材でも性格が良いだけの人材でもなく、一緒に働きたい仲間を探すために面接をやっています。

 

ある意味ではコミュニケーションと同じで、相手の立場に立って考えられるフレーズを使う人は、やはり同じ性格やエピソードを語っていても、ひときわ輝いて見えたように思います。

 

たんなる言葉の違いではない

面白いのが、こういう言葉の端々に現れてくる、"企業主体を意識したフレーズ"を使う方は、自分本位のフレーズを出す応募者に比べて、面接の態度も真摯に見えるということ。

 

まあ、実際にその子たちが"真摯"かはわかりませんが、少なくともそう見えることは大事です。結局、最終的には、業界経験の長い転職者や、超高学歴で資格豊かな新卒の履歴書をひっくり返して業界未経験の高卒を雇用したいなと考えるぐらいには。

 

「つまり、能力より人柄ややる気をとったということ?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

少なくとも、後者の人材のほうが交渉や説得の本質をついているという点で、能力が高いと判断したのです。

 

もちろん、スキルが重視されるとか、専門性が重視されるような場面では、「こんなスキルを持っている」とアピールすることはとても重要です。ただ、大半の会社の大半の業務なんてものは、教育すれば誰でもできるようなことがほとんどです。

 

そこを踏まえると、一番重視したいのは、一緒に働きたいかということにつきます。つまり、企業本位の態度がとれるかという点です。

 

外部への営業にせよ、内部での交渉にせよ、相手のメリットを中心に話をすることはとても大事です。「自社にはこんなメリットがあります」なんて話していても、だれも契約にも交渉にも応じてくれません

 

意識的にせよ無意識にせよ、「あー、この人はいいなあ」と思う子は、そのあたりをキッチリこなしてきます。

 

企業研究も業界研究もバッチリ。面接の受け答えもスムーズ。でも、「これができます。これができます」というだけの子は、なんとなく印象に残りません。主体があくまで自分だからではないでしょうか。

 

まだ、今年面接を始めたばかりの、しかも決定権がない経営者のほんの気づきですが、これから就活や転職活動を始める方は、そういったところに意識を向けてみてもいいかもしれませんね。