SNSでシェアされるとブログやサイトの検索順位にどんな影響があるのか?ツイッターの事例をもとに

最近、ツイッター上でアフィリエイターの方が自分の作成したサイトを公開することが多くなってきました。

 

以前から、ブロガーの方たちは自分のブログ記事を更新したら、フォロワーに公開することが多かったですが、アフィリエイターがサイト自体を公開するといったことも頻繁に起きるようになってきたのです。

 

 

ただ、このサイト公開は「そのサイトを多くの人に広める」という以外にも、なんらかの意味があるのでしょうか?今回は、私の事例をもとにその効果について少しだけ考えてみたいと思います。

 

ソーシャルシグナルそのものは検索順位に影響しない

さて、本題に入る前に知っておくべきことがあります。それは、Google側がソーシャルシグナルは"直接"検索順位に影響しないと明言していることです。簡単に言えば、ツイッターやFacebookでいくらリツイート、シェアされようが、それだけで検索順位が上がるわけではありませんよ、ということです。

 

ただ、実際にツイッターやFacebookで記事がシェアされると、検索順位は高くなる傾向があります。

 

この理由について、ネットなどで調べてみると、「SNSにシェアされると、多くの人の目に触れやすくなり、様々なメディアに取り上げられやすくなるので、Googleから評価を得やすくなるのだ」と説明されることがほとんどです。

 

つまり、SNSにシェアされることで、他のブログやサイト、あるいははてなブックマークのようなソーシャルブックマークから被リンクを得られるので、記事が上位に来やすくなるという意味で捉えていいかと思います。

 

もちろん、それはツイッターやFacebookでシェアしてもらえる、一つの大きな意味であると言えます。

 

ただ、こうした話を前提にすると、一つ問題が残ります。それは、「アフィリエイター同士、あるいはブロガーが記事やサイトをツイッターで公開しても、検索順位は上がらないのか?」という点です。

 

ツイッターで見たぐらいの記事にわざわざリンクは貼らない

一般的な人ならともかく、多くの方はツイッターでリツイートされた程度の記事をわざわざ自分のブログやサイトで紹介したりはしません。せいぜい記事を読んでリツイートで回すかイイネするぐらいです。

 

そうすると、自サイトをツイッターで公開することに意味はないようにも思えます。ですが、実際にツイッターで自サイトをツイートしてもらうだけでも検索順位では上位に来やすくなる傾向があります。

 

たとえば、先日、私はもしもアフィリエイトに関する記事を公開しました。

 

 

こちらの記事は、昨日の公開時点でははてなブックマークなどのリンクももらっていませんでしたが、ツイッターで10回程度リツイートされた結果、公開2時間後には「もしもアフィリエイト」という単体キーワードで検索順位で3位にきていました(※更新してすぐは順位が上がりやすくなる傾向があるため、現在は8位に落ち着きました)。

 

もちろん、これはリツイート数そのものが検索順位に影響を与えたわけではないと思います。

 

それよりは、リツイートされた情報を見た方が増えてインデックスされる速度が早まったり、インデックスされる際に多くの人に見られたことで、記事の滞在時間など、その記事をGoogle側が評価する要素を提供したことが検索順位に影響を与えたのではないかと考えています。

 

ですので、SNSでリツイートされることそのものが重要なわけではなく、ツイートした記事がどれだけ多くの人に"実際に"読んでもらえるか、どれだけしっかり時間をかけて読んでもらえるかなどのほうが重要だと言えます。

 

中身のないサイトでもリツイートされれば上位に表示されるか?

そこで重要なのが、中身のない記事やサイトでも多くのフォロワーにリツイートしてもらえれば、順位が上がるのかという点です。

 

ここまでの事を見ても分かるように、おそらくそんなことはないでしょう。

 

あくまで「しっかり読者に読んでもらえるほど価値のあるサイトや記事を更新する」という最低限の目的を達成した記事でなければ、意味がないと言えます。

 

ともすれば、価値のない記事をフォロワーの"お情け"だけでリツイートされたはいいものの、真面目には読んでもらえず、むしろ直帰率が増し、検索順位に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

フォロワーは勝手にブログの価値を高めてくれる打出の小づちのような存在ではなく、きちんと本来の価値を評価してくれるだけのお客様だと思ったほうがよいでしょう。

 

ブログやサイトが評価されるうえで、ツイッター上でのブランディングは必要でしょうが、もともとのブログやサイト自体の価値を高めることが本来の目的であることは忘れてはいけないと言えるかもしれません。