読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


経営者になって実感するGoogle AdSenseのメリット ー振込サイクルと投資を考えてー

読者に広告をクリックされることによって収益を得られるサービスとして最も有名なものは「Google AdSense(グーグルアドセンス)」と言っても過言ではないでしょう。

 

規約が厳しめである代わりに、広告単価も高く、配信される広告も読者の需要に合わせたものであるため、クリック広告としてはそれなりの収益を得られるサービスです。

 

このGoogle AdSenseの最大のメリットは、その収益性の高さであることに違いはありません。他のクリック広告に比べれば段違いです。ただ、その収益性の高さに加えて最近はとあるメリットを強く実感するようになってきたのです。

 

振込サイクルが翌月末ごろと、かなり早い

そのメリットとは、振込サイクルの速さ。Google AdSenseでは、月末に収益が確定し、翌月末ごろ(20~27日あたり)には収益が振り込まれます。多くのASPは、月末に確定し、翌々月に振り込みされるというサイクルです。

 

f:id:nyarumeku:20160801133332j:plain

 

この振込サイクルの速さは、アフィリエイトだけをやっていると特段大きなメリットに感じませんが、他にも、店舗や事務所を構えて事業をやっている私のような人間にとってはかなり大きなメリットになります。

 

まあ、「できるだけお金は早めに手に入れておいて、流出はできるだけ遅らせる」とは、経営の基本と言えば基本ですが、アフィリエイトだけをやっていると手元から出ていくお金がないため、この"早くお金を手に入れる"ということに鈍くなるんですよね(外注したり、ライターを雇っている人にとっては別ですが)。

 

そのため、以前までの私は「振込サイクルの速さよりも、多くの収益を得られるかどうかのほうが重要でしょ!」なんて思っておりました。ただ、最近は事業に投資したり、人材育成に乗り出す機会も増えてきたため、「多少収入が少なくても"いま"手元にお金があるほうが重要」という考えに切り替わって来たのです。

 

50万の機材を1ヵ月早く買えたら、そのぶんで翌月は10万円の売り上げを生み出すことができます。翌月に導入していたら、なかったはずの10万円です。有料広告や派遣会社から1ヵ月早く人材を獲得できたら、10万円どころのプラスではないかもしれません。

 

そのため、最近ではGoogle AdSenseの収益アップに力を入れるようになってきました。以前は、「クリック広告なんて収益が上がりにくいし、あまり力を入れなくてもいいや」なんて思ってたんですけどね。

 

あとは、私が独身なのも大きな要因かもしれません。

 

たぶん、家族がいたら「お金はどうせ後から入って来るし、急がなくてもいいや」なんて考えなかったと思います。家族がいると、子どもの養育費にかける費用対効果や家・車の購入などを考えれば、お金が手元に入るサイクルは「早ければ早いほど良い」ことがたくさんありますしね。

 

Google AdSense以外の翌月振込のASP

ちなみに、翌月振込に対応しているサービスは、Google AdSenseだけではありません。というか、nendやら忍者Admaxやらクリック広告系はだいたい翌月振込です。

 

ただ、先ほどもご紹介したように、Google AdSense以外のクリック広告は収益面でイマイチなものがほとんどです。もちろん、ブログやサイトのコンセプトによって、Google AdSense以外のクリック広告のほうがベターなものもあるでしょうが、通常のサイトやブログならGoogle AdSenseになるでしょう。

 

とはいえ、クリック広告だけではよっぽどコンセプトがしっかりしていて、アクセス数を集められるブログやサイトでもない限り、収益を上げにくいのも事実。

 

そこで、成果報酬広告型のASPでも翌月振込に対応しているアフィリエイトBとレントラックスに最近は力を入れるようになりました。

 

アフィリエイトBはもちろんのこと、レントラックスもクローズドASPと言いつつ、アフィリエイトフレンズの無料会員になればすぐに提携できるようになったので、今や誰でも登録できるASPの1つになったと言っていいでしょう。

 

いずれにせよ、「これからも私はアフィリエイトしかやらない!」と決めている方であればともかく、他の事業も展開していきたいと考えている方自分以外の生活を支える可能性のある方は振込サイクルとそのスピードにもっと目を向けてみてもいいかもしれませんよ。