読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「アフィリエイト広告を載せませんか?」とLink-A(リンクエッジ)からお誘いが来たので、評判を調べて体験した結果をご報告!!

ブログアフィリエイト、あるいはサイトアフィリエイトなどをある程度継続していると、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)、要は「広告主とサイト運営者の仲介役」の方たちから連絡をいただくことがあります。

 

「弊社の○○の案件(広告)をあなたのサイトの××というページに掲載していただけませんか?」と。

 

ネットで少し調べて見かけるASPなんてのは実際のところかなり少なくて、こういうお問合せからくるASPを見ていると、かなり多くの業者がいるんだなあということが分かります。

 

ただ、業者の数が多いということは、それだけ安全なところもあれば、サイトを安心して任せるのが怖いところだってあるということです。今回は、そんな「あまり名前を聞かないASP」の中でも、Link-A(リンクエッジ)というASPについて私の視点からご紹介したいと思います。

 

f:id:nyarumeku:20160714172442j:plain

 

「広告を掲載しませんか?」というお誘いメール

私は基本的にどのブログでもお問合せ用のメールアドレスを公開しているのですが、その一つを通して株式会社リンクエッジから連絡が来ました。内容は以下の通り。

 

f:id:nyarumeku:20160714161202p:plain

※メールは許可を得て公開しております。

 

Link-A(リンクエー)と書いてリンクエッジ。メールの文面としては、よくあるお誘い文句と言えばよくある感じですが、丁寧さというか熱心さは伝わってきます。ただ、最初はこのメールを読んでいぶかしんでいました。

 

だって、担当者の名前が企業のメンバー一覧にないんだもの!

 

担当者の名前と企業名を検索してもヒットしないのです。メンバーページにも担当者の名前が載っていません。私はそこで少し不安に思ってしまいました。

 

……いやね、わかります。法人の企業ページとなるとホイホイ変えられるものじゃありません。企業ってのは、そんなにレスポンスの良いものでもないですから。まあ、そんなことを思いながら怪しみつつもメールの文面に目を通していきました。

 

ただ、その中で個人的に気に入ったのは、「※広告効果が高い場合、さらに単価を上げることも可能です!」という記載でしょうか。

 

意外と、実際に成果報酬額を変えることが可能であったとしても、まだよく分からない人に対して「報酬を上げることも可能」と、前もって伝えてくるASPは比較的少ないように思います。

 

Link-A(リンクエッジ)の場合は、まだ登録して成果を上げていなくとも、「成果に応じて報酬額を変える」と明記している時点で比較的、信頼してもいいのではないかなと判断しました。

 

普段はお問合せメールから来た連絡にはあまり反応しないのですが、今回は少し気になって、まずは検討だけでもしてみようということにしました。

 

リンクエッジのネット内での評判と私の体験

そこで、リンクエッジというASPについて気になった私は、さっそくネットでその評判について調べてみることに。だいたい、調べてみて出てきたのは大きく分けて2つのレビューとご意見。

 

  1. 個別サポートがしっかりしていて、対応が良い
  2. 報酬単価が高い

 

まず、個別サポートが良いというのは私も実感しました。こうしたレビューサイトをいろいろと見てからリンクエッジに登録してみたのですが、すぐに担当者から「電話でヒアリングさせていただきたい」というアポが来ました。

 

その際、こちらの得意ジャンルなどを聞かれ、どういったジャンルに今後とリンクで行きたいか、リンクエッジの得意ジャンルとどれだけ親和性があるかなどを説明していただきました。

 

その後、10分もしないうちにヒアリングのお礼と、そのジャンルに関連する案件の一覧(10件ほど)がメールで送られてきたのです。こうしたあたりは、サポートが手厚いと言っていいのではないでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20160714163731p:plain

 

一部、ネット上で「連絡が遅かった」というレビューもありましたが、私の場合はレスポンスの速さなども含めてそんなことはなかったので、改善されてきた部分もあるのではないかなと思います。

 

次に、報酬単価という点。

 

私も見てみましたが、必ずしもすべての広告において、成果報酬額が高いとは言えません。ときどき、リンクエッジの報酬額が一番高いと言っているサイトもありましたが、すべての案件でそんなことはないです。そこまで言うとウソになってしまいます。

 

ただ、確かに報酬単価が最高クラスの案件もありますし、メジャーASPや他社にない案件もあることは確かです。上記メールに「ご掲載いただいている弊社案件はほぼ特単を出せるよう尽力する」と書いてあるので、Link-A(リンクエッジ)では、努力次第で自分のかかわる案件を最高単価にできるのではないでしょうか。

 

どんなアフィリエイターにおすすめ?

担当者の方に「リンクエッジはどんなジャンルの広告に強いのですか?」と聞いたうえで、ざっくりと掲載されている広告を見た限り、リンクエッジが強いジャンルは以下の通り。

 

  • 健康・美容系
  • 電子書籍系
  • 不動産系
  • 出会い系
  • 買い取りサイト
  • アダルト
  • 転職サイト

 

このあたりかなと思います。登録などよりは物販系などのサイトが多めといった印象ですね。凄腕アフィリエイターが挑戦するような金融系、医師・看護師系などは少な目といった感じでしょうか。

 

個人的には、私自身も経営側の人間なだけあって、フランチャイズを促す個人事業主案件なども目立ったのが気になりました。

 

今後、さらに事業として拡大していくのでしょうが、今のところリンクエッジは単価が一番高いものもあるので、上記案件に取り組んでいる方、これから取り組んでいきたいと思っている方は、利用して損はないのではないでしょうか。

 

追記

この記事を見たリンクエッジの担当者の方から、さっそく以下のようなご連絡が入りました。

 

f:id:nyarumeku:20160812122443p:plain

 

どうやら、リンクエッジのホームページのメンバー一覧を更新してくださったとのこと。担当者の名前がホームページに無くて不安なんて書いちゃいましたからね……(笑)いや、申し訳ない限りです。

 

ただ、上述しているように、別に企業ホームページで社員メンバーの顔触れがしばらく変わっていないというのは別に普通ですし、そこまでメチャクチャ不安に思ってるとか、不審に思っているというわけでもありませんでした。

 

それでも、このようにブログで提案された記事に対して即座にレスポンスを返してくれるASPなんてのは、安心感につながります。やっぱり、ASPからすると、アフィリエイトをやる側は広告主に比べて軽視されがちですしね。

 

ほかのASPでも、それぞれ担当者がついてくれていますが、「○○の記事に××の広告を載せてくれませんか?」と言われることはあっても、「○○の記事で指摘された点をすぐに修正します!」なんてところはほぼ無いわけです。

 

リンクエッジさんをさらに信用してもいいのではないかと思える出来事なのでした。