ショッピングサイトを始めたけど、全く売れないので転売(せどり)で暮らしている方に売り方と秘訣を聞いてきた

Yahoo!ショッピングサイトや楽天市場、Amazonとショッピングサイトは数多くあります。小売り業にせよ、生産業にせよ、最近ではオンラインで全くショッピングサイトをやっていないという事業者のほうが少ないでしょう。

 

私も、つい最近小売り業を始めたので、まずは無料で始められるYahoo!ショッピングサイトを始めてみました。

 

ところが、これがどっこい全く売れない。月商で10万円ぐらいしか売れません。私はアフィリエイターとして、それなりの数の製品やサービスを紹介してきたので、意味もなく自信満々だったりしたのですが、その自信が大きく砕かれました。

 

そこで、このままでは私のプライドが許さないと、古物商の営業許可を取ったうえで、せどりや転売などで個人事業主を営んでいるという方に突撃インタビュー。その方に転売のコツについて聞いてきました。

 

f:id:nyarumeku:20160619143301j:plain

 

 

転売商品のタイトルの付け方とブログタイトルの違い

いろいろと話を聞いて面白かったのですが、まず一番に分かったことは「ショッピングサイトでモノを売ることと、ブログやサイトで商品を紹介する記事を書くこと」は全く違うということです。

 

「何を当たり前のことを……」と思われるかもしれませんが、ブログやサイトで商品の紹介ばかりしてきた私には目から鱗のことばかりでした。

 

まずは商品のタイトルづけです。

 

少なくとも、ブログやサイトである程度のアクセス数を得たいと思うなら、どんなタイトルを付けるかは、ある意味最重要の課題だと言えます。「どれぐらいオリジナリティがあってインパクトのあるタイトルをつけられるか」が一つのキーワードになったりします。

 

そのため、私も転売屋の方に一番に尋ねたのは「どんなタイトルで商品名をつけてるんですか?」という質問。

 

すると返ってきたのは「タイトルは同じ商品で一番売れてそうなお店の商品タイトルをほぼそのままパクッてます」というお返事。これは本当に目から鱗でした。

 

そりゃそうです。YahooショッピングやらAmazonやら、ショッピングサイトを使う人は他の店舗が出している同じ商品と比較したいんだから、同じキーワードで調べるにきまってます。"オリジナルティのある商品タイトル"なんて考え方自体が完全に間違っていたんですね。

 

私としては、検索対策のつもりで他の商品では使われていないキーワードを使った商品名などを付けていたのですが、そりゃ売り上げが発生しないわけです。完全にアホですが、普段とは違う考え方をするって難しいと改めて実感しました。

 

仕入れ元のショッピングサイトと転売先のショッピングサイト

ちなみに、その方はメルカリで仕入れてヤフオクで販売をしていると言われていました。もちろん、その逆もありますし、他のオークションサイトも利用されるとのことです。

「他のサイトで安く売ってある商品を、わざわざ買ったりするの?」と思われるかもしれません。

 

ですが、その方いわく、「ショッピングサイト(ECサイト)が違えばユーザーが違う」とのこと。つまり、Amazonでしか買い物しない人は、わざわざさらに安い商品を探すために楽天やYahoo!ショッピングの値段を調べたりしないということです。

 

そのため、メルカリで仕入れてヤフオクで転売するなんてことができるわけです。

 

もちろん、値段を調べてショッピングサイト間で比較する方もいらっしゃるのでしょうが、少なくとも転売で生きていける人がいる程度には、固定のサイトだけを使う人がいるということでしょう。

 

ですので、当然ではありますが、ネットショッピングでの売り上げを上げたい方、転売やせどりで生きていきたい方は、複数のネットショッピングサイトを利用する必要があるということです。

 

実際、ECサイトでは全く売れなかった商品がメルカリのようなフリマアプリでは売れたと報告する方もいらっしゃいます。商品にもよると思いますが、アクセサリーなどスマホ層と販売している商品がかぶるのであれば、利用してみる価値はあるでしょう。

 

【メルカリ】ECサイトで1ヵ月売れなかったバッグをフリマアプリで出品したら3日で売れた件 - 横浜と生きる。

 

まとめ

私が今回特に参考になったと思えたところは主に2点。

 

  1. 商品のタイトルは売れているサイトの名前を参考にする
  2.  一つのECサイトにこだわらず、複数のサイトを使う

 

ちなみに、「他に工夫しているところはありますか?」と聞くと、無いとのこと。まあ、もちろんこれだけではないでしょうが、意識してやっていることはこのぐらいだそうです。

 

それで、年間平均して月収(月商ではなく)が40万円、在庫はほぼ無しとのことなので、意外とコツをきちんと抑えておけば、やってやれないことはないのでしょう。……ただ、商品探しからけっこう手間はかかるので、大変なことは大変そうでしたが。

 

いずれにせよ、まずネットショッピングである程度以上の売り上げを上げたい方は、「いろいろなショッピングサイトを比較し、一番のサイトを決める」……のではなく、それぞれのショッピングサイトのメリットやデメリットを比較し、利用することが大事だといえるでしょう。