最近、法人の自社サイトでアフィリエイト広告を載せるサイトが多いような気がするけど、気のせいだろうか?

最近、自分がネットの外で事業を始めたこともあって、なんとなく他の企業のサイトやブログを見ていたのですが、その中でふと思うことがありました。

 

「自社サイトにアフィリエイト広告を使っている企業って結構多いんだな」と。

 

さすがに、2chまとめのようにサイトのあちらこちらに張り付けているわけではありません。ただ、Google AdSenseのようなクリック広告がサイト下部にあったり、商品リンクがAmazonアソシエイトのリンクだったりと、さりげなくアフィリエイト広告が使ってあります。

 

もちろん"増えた"というのは、データを取ったわけではないので私の主観に過ぎません。また、大手企業というより、中小企業や個人事業主程度の事業者が使っている場合が多いように思います。

 

それでも、自社サイトにアフィリエイト広告がある法人サイト自体が存在することは事実ですし、決して珍しくはないことであると感じています。

 

アフィリエイトのイメージは未だ悪い

もちろん、こうした企業は少しでも収益が増やせればと思ってアフィリエイト広告を使っているのでしょう。そうでなければ、企業サイトなんてアクセスの見込めないところにクリック広告を使う意味なんてないでしょうし。

 

実際、出版社のサイトなどに行くと、自社で出版している書籍のAmazonアソシエイトリンクを見かけることがあります。アフィリエイト収益が得られるだけでなく、書籍の画像なども使えることがメリットに感じられるのではないでしょうか。

 

ただ、一方で企業サイトにアフィリエイト広告を使うことに関しては、企業側も熟考したほうがいいのではないかとも思います。

 

いくつか理由はありますが、最も重要な問題は「アフィリエイトは未だに世間的なイメージが悪い、もしくは良くはない」ということです。

 

アフィリエイトには様々な批判がありますが、一番私も同意しているのは「アフィリエイトはステルスマーケティングである(だからアフィリエイトをやるべきではない)。」というものです。

 

私自身、アフィリエイトをやっている側の人間ですが、アフィリエイトはステマであると言われたら反論できませんし、だからこそ少なくとも自分が利用していないサービスの宣伝などは極力避けるようにしています(※クリック広告は除きます)。

 

とはいえ、それはあくまで"こちら側"の心構えの問題であって、消費者には関係ありません。なかには、アフィリエイトリンクを見つけた瞬間にそのサービスの利用を避ける方だっていらっしゃいます。

 

法人サイトが自社サイトにアフィリエイトリンクを載せることは、少なくとも「ただで商品を紹介するぐらいならアフィリエイトでお金が稼げたほうがいい」というほど簡単なものではないことは意識したほうが良いかもしれません。

 

アフィリエイトリンクによってSEOに悪影響がある可能性も

イメージといった抽象的な問題だけでなく、もっと具体的な問題がアフィリエイトにはあります。

 

それはSEOに悪影響があるということです。

 

たとえば、バナー広告などを貼ったことによって、ページの表示速度は確実に落ちます。サイトの利用者の環境によっては、バナー広告の有無次第で快適にブラウジングできないことだってあるのです。

 

「では、テキストリンクならいいのか?」と思われるかもしれません。

 

テキストリンクも慎重な対応が必要でしょう。あくまで可能性の問題であって、誰にも本当のところはわかりませんが、アフィリエイトリンクによってペナルティを受ける可能性があるのではないかという話もあります。

 

これが事実かはともかくとして、ユーザーの快適なサイト利用のうえでは、アフィリエイトリンクは多くの場合、ネガティブに働きます。

 

外部ブログにアフィリエイトリンクを付けるならまだしも、少なくとも自社サイト内にアフィリエイトリンクを用意するのは、何かしらの事情がある場合を除いて避けたほうが良いのではないかと思います。

 

よく見かける法人の自社サイト内でのアフィリエイトリンクの利用ですが、もし今この記事を読んでいる検討中の担当者の方がいれば、以上を踏まえたうえで、ぜひ一度慎重に検討してみるとよいのではないでしょうか。