ブログのアクセス数が月間10万PVを超えると何が変わるか?その影響とメリットとは?

ブロガー、あるいはブログで収入を得ようと思っている人のなかで、ある種の基準になっているアクセス数があります。それが月に10万PV(ページビュー)というアクセス数です。

 

実際、「10万PV ブログ」とGoogleで検索してみると、1,170,000件もの検索結果が表示されます。いかにブログで10万PVを達成することが一つの基準になっているか、それを公表している人が多いかが分かります。

 

f:id:nyarumeku:20150901024024p:plain

 

正直なところを言えば、「ブログでメシを食う」という目的を達成するのに10万PVもいらないのですが、それでもやはり初心者ブロガーたちの目標の一つとして10万PVという基準はいまだに有効なようです。

 

最近でも、「10万PVを目指したい」と書いていらっしゃるブログを何度か拝見しました。おそらく、今月のアクセス報告でも同じような目標を書かれる方が出てくることでしょう。

 

ただ、10万PVを目指すとは言っても、実際に10万PVを達成したからと言って、そのブログやブログを書いている自分自身になにか変化があったりするのでしょうか。

 

今回は私の経験をもとにご紹介したいと思います。

 

10万PVを超えるとブログに現れる影響

私のメインブログは現在、月に30万PVほどのアクセスがあります。

 

f:id:nyarumeku:20150901024916p:plain

 

サブで運営しているブログを全て含めれば、月に50万PVに行かないぐらいでしょうか。個人ブログ全体で見れば上位のほうですが、収益化を目指している人のなかでは少ないほうでしょう。

 

アクセス数よりも収益性を重視するタイプの運営方針なので、あくまでアクセス数自体を伸ばすのが得意でないことはご了承ください。

 

そんな私の経験をもとにすると、半年ほど、ある程度キーワードを狙いながら、それなりの量のコンテンツを書き続けていれば、あまりアクセス数を狙っていない運営でも月間10万PVぐらいになると思います。

 

アクセス数重視の運営をしている方、あるいは人を惹きつける文章を書ける方、バズを狙ってポンポンと量産できる方であれば、同じ期間でこの2,3倍のアクセス数は軽く超えるという方も少なくないでしょう。

 

というか、Facebookで10000シェアといった大バズを一度でも引き起こすと、簡単に1日で10万PVぐらいになってしまいますしね。10万PVを達成するだけなら、運だけでも普通に可能です。

 

話がそれましたが、アクセス数が10万PVを超えると現れ始める影響は以下の通り。

 

1. 広告主やASPから広告掲載の依頼が来やすくなる

2. 簡単にバズりやすくなる

3. アフィリエイト収益が増えやすくなる

 

意外とメリットが少ないと思われたでしょうか。

 

でも、実際10万PVを達成したからといって、すぐに何かが変わるわけでもありません。いまどき個人ブログで10万PVなんて珍しくもないので、ネットですごく評価されるといったわけでもありませんしね。

 

運営者側からすれば1つの区切りかもしれませんが、読者の側からしてみればどうでもいいことですし、広告主などからすれば大して魅力的な数字というわけでもありません。

 

ただし、やはりそれでも月間10万PVのアクセスを維持、向上し続けていると、先ほども述べたようなメリットが出てきます。もう少し、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

広告主やASPから広告掲載の依頼が来やすくなる

10万PVを超えた直後からというわけでもありませんが、ある程度アクセスを維持し続けていると、ブログが広告主やASPの目にとまるようになります。

 

すると、あちら側から広告掲載のオファーが届くようになるのです。

 

今までは自分で広告掲載の依頼をしていたブロガーからすれば、これは地味に嬉しいことだったりします(掲載依頼をしてくる広告主やASPが信頼できるかと言えばまた別の話なのですけどね)。

 

もちろん、10万PVを超えなくても広告掲載依頼が来るブログもありますし、10万PVを超えても広告主には見向きもされないブログもあります。

 

たとえば、ジャンル特化のブログは10万PVを超えていなくても広告掲載依頼が来やすいです。事実、このブログは月に3万PVもいかない零細ブログですが、アフィリエイトと個人事業主のジャンルの記事を主にしているため、そういった広告主やASPからオファーをいただくことがあります。

 

f:id:nyarumeku:20150901034000p:plain

 

ジャンル特化のブログ運営は、ある程度の知識や経験が求められるため簡単なことではありませんし、“みんなに読んでもらえる”ブログにはなりませんが、そういったメリットがあると思ってよいでしょう。

 

ジャンルや専門性によっては記事の寄稿依頼もあるようなので、特定のジャンルに特化するメリットは大きいです。ちなみに、私は一度も寄稿の依頼を受けたことはありませんけどね。

 

一方、雑多なブログは10万PVを超えても広告掲載のオファーが来づらいです。

 

雑多なブログは誰にでも書けますが、そのぶん一定以上の収益を得づらいというデメリットがあるということです。

 

ただし、雑多なブログの場合は、ある程度のアクセス数があるとインプレッション広告(アクセスされるだけで収益が発生する広告)やクリック広告などから声がかかりやすくなります。

 

主にクリック広告としてGoogle AdSenseを使っている方が多いと思いますが、代替手段として検討しておくのも悪くないでしょう。それに数うちゃ当たると言うか、雑多ブログでもときどき思い出したかのように、昔書いた記事へ広告掲載のオファーが来ることもあります。

 

雑多なブログしか書けないからと言って、諦める必要はありません。

 

簡単にバズりやすくなる

そしてもう1つ、アクセス数が10万PVを超えたあたりから、記事がSNSなどでシェアされやすくなるというメリットが出てきます。つまり、アクセス数が伸びやすくなるということです。

 

もちろん、10万PVを境にして突然シェアされやすくなるということはありませんが、だいたいそのぐらいからアクセス数が急成長しやすくなるのは事実です。

 

少なくとも、10万PVを超えてからアクセス数が全く変化しなくなった、または減少したというブログはあまり無いかと思います。そういったブログがあるとすれば、記事の内容ではなく、記事の更新頻度などにアクセス数を大きく依存していたのでしょう。そういった場合は内容の見直しが必要です。

 

話を戻しますが、月間10万PVぐらいになってくると、数万シェア、数千リツイートといった大バズが起きやすくなってきます。

 

逆に言えば、多くの意見に自分のブログがさらされやすくなるということでもあります。今まで、全く批判や非難のコメントを受けてこなかったブログであっても、そういったコメントを目にする機会が増えてくるのもこのあたりでしょう。

 

全く気にするなとは言いませんし、役立つコメントがあるのも事実ですが、気にし過ぎない程度に話半分ぐらいに耳を傾けておくと良いかと思います。

 

アフィリエイト収益が増える

当然といえば当然ですが、アクセス数が増えたぶんアフィリエイトの収益もアップしやすくなります。10万PVを区切りに、いきなり収益が急増するわけではありませんが、確かに収益はけた違いになります。

 

たとえば、A8.netバリューコマースといったアフィリエイトの収益が、いままで数千円台だったのが万単位に変わったりといった変化が表れ始めるのもこのあたりでしょう。なかには、もっと効率のいい方もいらっしゃるかもしれませんが、10万PVが一つの区切りになることは少なくないと思います。

 

まとめ

10万PVを達成するまでの方法について書いているブログは多かったのですが、10万PVを実際に達成したからといって何が変わるのかについて書いているブログが少なかったので、ご紹介してみました。

 

なにか参考になるところはあったでしょうか。

 

本当のところを言えば、月間10万PVを達成したからと言って、突然なにかが大きく変わるわけではありませんし、明確な変化を感じられるのは、10万PVを超えてある程度の期間が経ってからでしょう。

 

ですので「広告掲載のオファーがあるかもなあ」、「記事がバズるかもなあ」、「A8.netバリューコマースの収益が増えるかもなあ」となんとなーく意識してもらう程度で十分です。ジャンルの問題もありますし、あんまり期待はし過ぎないでください。

 

そして、できればアクセス数よりも「自分が何のためにブログを書いているか」をきちんと意識しておいてください。副業収入のためでも、知名度アップのためでも、暇つぶしでもなんでも構いませんが、アクセス数第一になると目的を見失ってしまう可能性もあります。

 

アクセス数自体に価値を見出し始めると泥沼です。アクセス数は手段でしかないことを常に念頭において、ブログ運営を続けて行かれることをおすすめします。