アフィリエイトの詐欺被害が増加中!その手口と気を付けるべきこととは?

先日の国民生活センターの発表によると、20代でアフィリエイトやドロップシッピング詐欺の被害にあっている人が増えているという報告がありました。

 

2010年のピーク時に比べると詐欺被害の件数自体は減っているようですが、ここ数年またアフィリエイト/ドロップシッピングの詐欺がだんだんと増え続けており、特に20代で被害にあった人の割合が急増しているようです。

 

f:id:nyarumeku:20150717083613p:plain

出典:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20150716_1.pdf

 

いったい彼らはどんな手口でアフィリエイト詐欺にあったのでしょうか。そして、それに対抗するにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

 

アフィリエイト/ドロップシッピング詐欺の手口

1.知人からの紹介でセミナーに参加し、人を紹介すればどんどんお金が入ると言われた。その情報を教えてもらうために多額のお金を請求された

完全にマルチそのものですね。アフィリエイト特有の被害というよりは、この手の“儲け話”はどんなジャンルにでも湧いてきます。これはマルチに気を付けてくださいと言うほかありません。

 

ただ、本来のアフィリエイトでも知人に商品やサービスを紹介することで収入を得るということも不可能ではありません。ですが、ある程度収益を得ている私からすれば「絶対にやめたほうが良い」と伝えておきます。

 

少し厳しいことを言うようですが、アフィリエイトで友人を使わなければ稼げないのなら才能がないですし、その先も100%ありませんので止めてしまいましょう。そのほうが結果的にあなたのためにもなります。

 

2. ネット広告を見て連絡したところ「自分から売り込みをしなくても全面サポートをするので安心だ」と言われたが、ロクなサポートも受けられず収入も無い

ネットの広告には、「アフィリエイトで1日10万円!」「月に5万円の不労所得!」といった言葉で消費者をまどわすものがたくさんあります。

 

実際にそういった生活が不可能というわけではありませんし、私がそれらの商材を試したわけではないので、それらすべてが詐欺だと言うつもりもありません。

 

ただし、ネットの広告でそういった言葉を見た場合は基本的に信用しなくていいです。

 

もし、アフィリエイトやドロップシッピングに興味を持ったという方は、まずネットで検索して無料のブログやサイトで少し勉強してみてください。それで十分です。

 

最初からブログセミナーに通ったり、情報商材を買う必要はありません。それに、おそらくブログやサイトを一度も作ったことが無い初心者では理解が追い付かないでしょう。

 

決して馬鹿にしているわけではなく、経験や最低限の知識がなければ分からないということも多々あるのです。

 

まずアフィリエイトやドロップシッピングが気になったなら、自分でブログやサイトを立ち上げて、試行錯誤しながら一つでも形になるものを作り上げてください。

 

情報商材やブログセミナーの全てが悪というつもりは全くありませんが、そうでないとその良し悪しすら判断できません。

 

以前にもご紹介したように、アフィリエイトで月に数万円の収益を得るには多くの人で1年間はかかるというデータが出ています。人によっては何年やっても成果がほとんど出ない人だっています。

 

 

アフィリエイトは今すぐ・手軽に・誰でも収益を得られるものではなく、あくまでビジネスの一つであり、それ相応の努力と期間が要求されるものです。じっくり腰を据えて取り組むつもりが無い人には向いていないので、その点は注意してください。

 

3. 初期投資は不要と言われたのに、いざサービスを利用してみると、後から設備投資費を請求された

これもアフィリエイト特有の話ではなく、いろいろな儲け話の詐欺で見られる例ですね。基本的に、未経験者が情報商材に手を出してロクなことはありません。

 

これに対しても私が言いたいことは変わりません。まずは、他人の力に頼らずにブログ運営やサイト運営を数か月ないしは1年ぐらいやってみてください。

 

そうでないと、自分が何について分かっていないのかすら分かりませんし、商材の良さなど判断できるわけがありません。

 

まとめ

これまでは、アフィリエイトやドロップシッピングの詐欺と言えば、「不労所得で稼げる!」とか「数百万円すぐに稼げます!」といった情報商材やセミナーの詐欺が多かったように思います。

 

そのため数年前までは、忙しくそれなりにお金を持っている3,40代の方が主なターゲットでした。

 

ですが、ここ最近のものは、マルチなどネットの外の人間関係を使った詐欺も増え、特に20代の被害が急増しているようです。

 

そういえば、最近は「数百万を稼げる」という文句より「月に数万円を1日に10分の作業で」のような広告をよく見かけるようになった気がします。ターゲットの年齢に合わせた広告をあちら側も考えているということでしょう。

 

A8.net など、広告主とアフィリエイターを仲介するプロバイダーの登録サイト数が180万を超えるほど、近年アフィリエイトは一般的なビジネスの一つになってきました。その弊害も現れてきているのかもしれません。

 

「スタートアップは自分でやってみる」

 

まずは、これができなければどんな手法を使ってもアフィリエイトやドロップシッピングで稼ぐことはできません。

 

マルチには手を出さないというのも重要ですが、それ以外にも情報商材やセミナーに手を出すのも、ある程度自分が経験を得てからにしたほうがよいでしょう。