Google AdSenseのデメリットを考えて、忍者Admax + nendに収益化を切り替えた

最近、またGoogle AdSenseの広告停止問題がにわかに話題になりましたね。完全にサイトアフィリエイト依存のアフィリエイターならまだしも、アクセス数でもある程度の収益化を狙っているブログアフィリエイトの場合は地味に怖い話です。

 

私は規約をしっかりと読み、基本的に規約違反のない運営をしているつもりなのですが、やはり怖いものは怖い。そこで、私はGoogle AdSenseをこのブログから外すことを決定しました。今回は、その辺りの背景事情や今後の展開などについて書いていこうかと思います。

 

なぜグーグルアドセンスを外すのか?

一応書いておくと、私は複数ブログを運営していて、このブログ以外のブログはまだ現役でGoogle AdSenseを使用しています。外したのはこのブログだけです。外した理由は以下の3つ。

 

  1. アドセンスで扱えないテーマを扱えるブログが欲しかった
  2. このブログはあくまでサブなので、収益をそこまで見込んでいない
  3. このブログで規約的にグレーな内容を扱うことによって、メインブログのアドセンス広告停止になる事態を避けたかった

 

このブログは、もともとブログ運営や収益化、アフィリエイトなどについて話す予定で作成したものです。ですが、これらのテーマはアドセンスの規約にこそ明示してありませんが、以前から危ないと言われてきたテーマでした。

 

ならばいっそ、このブログのようなアフィリエイトやお金の話をメインにしている「危ないテーマのサブブログ」はGoogle AdSenseを外してしまって、多少クリック広告の収益が下がったとしても、他の人が扱わないコンテンツを取り扱うことで収益化を目指したほうがいいのではないかと考えました。

 

先月の収益を見ても、アドセンスの収益が全体の30%未満しかなかったため、それほど大きな痛手というほどでもありませんでしたしね。

 

 

もちろん、アドセンス広告を外さないという選択肢もありました。

 

Wordpressなどの場合は、記事ごとに他社の広告を表示することも可能ですし、私が使っているはてなブログであっても特定の記事だけアドセンス広告を非表示にするという選択も可能です。

 

ただ、規約違反の恐れがある記事のみアドセンスを外すというやり方も、実は完全に安全とは言えません。たとえば極端な話、アダルトサイトなどにリンクを送っていれば広告配信停止という場合もありますから、同じブログ内で記事が繋がっている以上、特定の記事からアドセンスの広告を排除したからといって何でも好きに書いていいわけではないのです。

 

その意味で、広告配信停止を完全に防ぎたいなら、規約違反の恐れがあるブログ自体からアドセンス広告を取り払ってしまうのが一番の安全策だと言えます。これは、複数ブログを運営しているからこそのやり方ですね。

 

今後どんなコンテンツを扱うのか?

実は、前々から扱いたいテーマがありました。それは、アルコールに関するコンテンツです。アドセンスでは一部の酒類を除き、宣伝・販売することが禁止されていたので、どうしても扱うことができなかったコンテンツでした。

 

こういったアルコールに関する記事は、機会を見てこのブログで扱えればと思っています。

 

単純にクリック広告の収益化だけを考えたら、アドセンスを使っていたころに比べて今後は100%低下するので、ここで扱うコンテンツ次第でいかに成果報酬広告を上げられるか、いかに他サイトとの差別化ができるかがキモになってくると思います。

 

出会い系やアダルトコンテンツは個人的にあまり好きではないうえ、ブログのテーマともズレてくるので扱うつもりはありませんが、他にも新しいテーマやスタイルを発見したらガンガン実験的に試していくつもりです。

 

クリック広告の収益化はどうする?

今のところは、AdSenseの代わりに忍者AdMaxnendという2つのクリック広告で対応していこうかと考えています。忍者Admaxは主にPC用に、nendはスマホ広告としてそれぞれ使用するつもりです。

 

忍者Admaxはアドセンスが使えないサイトやブログで使われるクリック報酬型広告の筆頭ですね。以前にも、ご紹介したことがありました。

 

 

一方、nendはあのa8.netなどで有名な「ファンコミュニケーションズ」の運営するスマートフォン向けクリック報酬型広告のことです。たまにアドセンス広告と併用して使われている方もいらっしゃいますね。

 

これらを組み合わせたとしても、基本的にクリック広告単体で見た時の収益は圧倒的に下がることが予想されますが、以下のように収益面以外でこれらの広告がAdSenseよりも優れている点もあります。

 

1. 規約が緩いので、記事内容に幅を持たせることができる

 ⇒他ブログとの差別化がしやすい

2. 広告のレイアウトに制限がない

 ⇒スマホのファーストビューにいきなり300×250の広告配置も可能

3. オーバーレイ広告を使用できる

 ⇒読者の追跡をして収益効率を上げられる

 

ただ、2と3に関しては、自分が嫌いなのでやるつもりはありません。どちらかというと、それぞれ誤クリック狙いの方策でしょうし、そういったサイトってわずらわしく感じますしね。

 

ですので、忍者AdMaxnendを使う大きな理由は、「記事の内容に幅を持たせたうえでクリックによる収益化が可能」という点だと言えます。

 

まだまだ使用し始めて数日も経っていないので、今後どれだけの収益が発生するかは分かりませんが、複数ブログを運営するのであれば、こうした実験的なテーマにチャレンジするブログを持っていても良いのかなと思います。

 

また、収益などについては改めてご報告していきたいと思います。