読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


ブログを書き始めて3か月の収入が1万円を超えたので、アクセス数と一緒に報告します

先月で、このブログを運営し始めてから3ケ月が経過しました。

 

先月の後半は現実での生活が忙しく、記事の更新が滞ったり、雑感を報告するだけの内容が増えたりと、あまり満足な運営ができたとは言い難い状況になってしまいました。反省しております。

 

今回は、そんな本ブログ単体での運営状況と収益状況についてご報告したいと思います。

 

アクセス数は約18000ページビュー

2か月めの先々月は11000PV程度でしたが、3か月めの先月は18300PVでした。2万PVを超えることはできませんでしたね。いちおう2万PV超えを今月の目標に掲げていたのですが、越えられなかったのは残念です。

 

f:id:nyarumeku:20150601010438p:plain

 

2万PVを超えられなかった理由として、私が考える主な原因は以下の3つです。

 

1. 記事の更新がほとんどできなかった(1ヵ月で12記事のみ)

2. 記事の質があまり良くなかった(反省しています)

3. ブログの回遊性が悪く、ページ/セッションの値(1.42)が低い

 

1,2に関しては、改善すべき問題点を挙げているだけですが、3番に関しては実はそう悪いことではないと考えています。

 

よくブロガーの方は、1人あたりのPV数を上げるため、つまり回遊性を高めるためのブログデザインをしろと言いますが、収益面のことだけを考えるなら必ずしもそれは正しくありません。

 

確かに、Google AdSenseなどのクリック広告の収益額はセッション数などよりもページビュー数とより高い相関を見せる傾向にあります(※私調べ)。ですので、クリック広告だけで収益を上げるなら、その発言は間違いではないかもしれません。

 

ただ、アフィリエイト(成果報酬)広告に関して言うなら、1人あたりのページビュー数の増加は必須ではないどころか、むしろ避けるべき場合すらあります。

 

たとえば、1記事単位でアフィリエイト広告に誘導しやすいページ作りになっている場合、サイトやブログのページ/セッションの値は必然的に下がります。なぜなら、他の記事を見るまでもなく、読者は広告リンクを踏んでブログから出ていくからです。そのため、ページビュー数は低下します。

 

実際、稼ぎ頭の記事からの離脱率を見ると、90%以上の読者が離脱していることが分かります。つまり、アフィリエイトが上手くいっていると、必然的にページビュー数は落ちるのです。

 

そういった意味で、むしろページ/セッションがこのぐらいの値で保てていることは、そう悪くないことなのかなあと今のところは考えています。

 

ですので、とりあえずの目標としては、ユーザー数やセッション数を増やす(一見さんを増やす)ことによってページビュー数を増やしていけたらと考えています。

 

ブログの収益化状況はまあまあ

ブログの収益化に関しては、今のところまあまあ上手くいっていると思います。以下に、ブログ運営3か月めの収益をご紹介します。

 

A8.net ――― 5308円

アクセストレード ――― 1908円

Google AdSense ――― 3902円

もしもアフィリエイト ――― 700円

アフィリエイトB ――― 500円

Moba8.net  ――― 1000円

その他 ――― 386円

 

合計 ――― 13704円

 

このサブブログは、ブロガーやアフィリエイターを主な対象とした記事ばかり書いていたため、正直なところ収益に関してはあまり期待していなかったのですが、3か月目にしては意外ときっちり収益化できているようにも思います。

 

現在1PVあたり約0.75円といったところです。先月は1PVあたり約0.5円といったところだったので、ブログのマネタイズは少しずつ成功に近づいてきていると言えるでしょう。

 

ちなみに、一般的にGoogle AdSenseオンリーで収益を得る場合、1PVあたり0.2円が相場だと言われるので、私の収益をAdSenseオンリーでマネタイズした場合に換算すると、約50000PVのブログを運営しているのと同じ計算になります。

 

3か月めの数値としては、まあ上手くいっている方ではないでしょうか。このままページビュー数の増加とともに、収益化のペースも上げていけたらなあと考えています。
 

最近の雑感【ブログサロンを初心者が運営すること】

最近、ブログコンサルやブログセミナーの参加者を募集するブロガーの方が増えてきましたね。正直なところ、本当にお金を払ってもらうだけの価値を提供できるブロガーがどれほどいるのだろうかと疑問を感じているところです。

 

ブログやブロガーのファンと会うためのオフ会を兼ねたイベントだと言うなら、それはそれでいいと思いますし、そこまで熱心なファンがついてくれるブログを運営できることは羨ましくすらあります。

 

そういった方はともかく、問題なのは“ブログで飯を食う”、あるいは“ブログで一定の収入を得る”ことをコンサルやセミナーのウリとしているブロガーたちです。

 

「〇〇ヶ月で〇〇万PVを達成したブロガーが講師を担当します」といった触れ込みがあったもので、どれほどのブロガーが担当しているのかと、講師陣のブログを覗いてたことがあります。

 

すると数十万PVのブログを運営しているのに、月収10万円もいっていない人であったり、そもそもブログの収入だけでは食えていなかったりと、「本当にこの方がコンサルタントで良いのか?」と首をかしげたことも少なくありません。

 

少なくとも、マネタイズだけのことを考えたとき、満足に他人に教えられるブロガーが一体どれほどいるのでしょうか。自分1人分のメシ代すら賄えていない人が多い現状では、ただひたすら読者から搾取しているようにしか見えません。

 

参加者から安くないお金をとる以上は、“楽しそうだから”とか“お小遣いが欲しいから”とか“講師としての実績が欲しいから”などではなく、あくまで仕事としてしっかりとパフォーマンスを上げられるような人が出てきて欲しいなあと思う今日この頃です。