ブログは論文でペラサイトはパワポのプレゼン資料

最近、ペライチというツールにハマって、1ページだけのペラサイトを作って実験的に公開してみました。

 

 

正直なところを言えば、私はペラサイトに対してあまり好意的な意見を持っておりませんでした。「完全にお金のことだけを考えた、読者に対して何の価値も無いネット上のゴミを生み出しているだけだ」と思っていたぐらいです。

 

ただ、自分で一度ペラサイトを作ってみて、この考え方は大きく変わりました。

 

今回作ったペラサイトが収益につながるかどうかは分かりませんが、自分のこれからのブログ運営の事を考える上でも、ペラサイトに手を出してみて個人的には良かったなと思っているところです。

 

ブログはただ書きたいことを垂れ流す場になっていた

基本的に、私はこれまでブログを書く際、1記事あたり1000文字以上を目安にして記事を書いておりました。最近では、1500~2000字以上を目安にして書くようになっています。

 

文章を書き慣れている方なら分かると思うのですが、基本的に文字量を増やすことってそう難しくはないのですよね。コンテンツの“ブレ”は多少出るかもしれませんが、思いついたことをつらつらと連想ゲームのように書いていけば文字量は勝手に増えていくからです。

 

アイディアを凝縮する段階を省略して、話題を出し、その話を広げ、結論だけを書けば「それっぽい記事」の完成です。大学生の卒論やレポートなんかもまさにこれ。特に卒論などは制限を加えなければ、知っていることをひたすら並べていくだけの教科書や論文の写し書きみたいな提出物ができあがってしまいます。

 

今のネットは少なくとも、“コンテンツの量”が評価される基準として含まれてしまっているので、こうなってしまうのは仕方ないですし、私自身も実行しているので何とも言えないのですが、こうした状況には少なからず不満を覚えておりました。

 

ペラサイトを作って変わったこと

そんななかペラサイトを作ってみて、改めて1ページに込められる情報量というものの奥深さを知りました。確かに、ペラサイトも量が1つの評価基準になるので、ある程度の文章量は必要になるのですが、それ以上に“載せる情報の厳選”も1つのキーであることが分かったのです。

 

ブログのように、ただ情報をまとまりなく流すだけでは、ペラサイトのユーザビリティは圧倒的に低下してしまいます。というか、きっと私は途中で読むのをやめてしまうでしょう。

 

1ページの中で話の起承転結をつけてしまうには、かなり厳選した情報を載せなければいけないのです。これはパワーポイントで作ったプレゼン資料のようなものだなと感じました。

 

もちろん、プレゼン資料ですから細かい情報は抜け落ちてしまいます。要点だけを伝えるペラサイトでは詳細な情報が分からないため、正確性に欠けてしまうこともあり、それが不誠実に見えることもあるでしょう。私もこの点にずっと疑問を抱いておりました。

 

ですが、ペラサイトという1ページだけのコンテンツを作る側に立ってみて、「読者を飽きさせずにまずはコンテンツに対して興味を持ってもらう」という問題に対して悩み、コンテンツを作り上げた結果、ペラサイトは決して不誠実なサイトなどではないと考えるようになったのです。

 

プレゼンと論文の相補的な関係を構築したい

もちろん、不完全な情報だけを垂れ流すのでは、確かに不誠実だという指摘も否定はできないでしょう。私としては、今後ブログや大規模サイトとペラサイトを上手く繋げて、より豊かなコンテンツとして提供できるようにしたいなと考えているところです。

 

ブログが入口になるのかペラサイトが入口になるのかは分かりませんが、簡潔に要点だけを知りたい人はペラサイトへ、詳しく枝葉のような情報ですら知りたいという人はブログへという流れを作りたいと考えています。

 

それは、リンクの受け渡しといった従来の検索システムへの対策にもとづくものではなく、もっとユーザーのためになるようなシステムを構築したいという願いからです。

 

論文を読む前にプレゼン資料を読むように、あるいはプレゼン資料で興味を持ってから論文を読むように、2つのサイトを独立したものではなく、ユーザーの目的に応じて使い分けられるような関係性を持たせたいと考えています。

 

まだ、今のところどのように実践するかは思いついておりませんが、良いアイディアが浮かんだらガンガンチャレンジしていきたいと思います。