読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


ブログを始めてから50日で収益6000円を突破しました

このブログを書き始めてから今日でちょうど50日目になりました。記事の投稿数は68。毎日書いているわけではなく、気が向いた時に一気に更新というスタイルです。

 

f:id:nyarumeku:20150416095548p:plain

 

サブブログだなんだと言いつつ、記事によってはメインブログよりも時間をかけて書いた記事もたくさんあります。今回は、本ブログの運営状況についてお話したいと思います。

 

はてブが50以上のバズは一切なし!

いきなりすごくネガティブな見出しから始まりましたが、この50日間運営していて、はてなブックマークを50以上もらえたバズは1つもありませんでした。

 

はてブ数順に並べると、1~5位まではだいたい以下の通り。

 

1位 はてブ数42 

心理学でブログを書こう!―なぜブログの文章には画像を入れた方がいいのか?―

最近、ブログと学問的な心理学を絡めた記事を量産していこうかなと考えています。

今は、私の大学院時代の杵柄で書いていますが、今後は実際に研究者の方にアポを取って話を聞いたりすることもあるかもしれません。

 

2位 はてブ数25

ズブの初心者のブログアフィリエイトは一年目でいくらの収入になるのか?

この記事は相変わらずアクセスされていますね。やっぱり“1年”は1つの節目ですし、1年後の自分は想像しにくいからでしょうか。自分で言うのもなんですが、あくまで私個人のデータを書いているだけなので、情報の質としてはあまり高くはないと思うんですけどね。

 

3位 はてブ数23

ブログのお問い合わせフォームはちゃんと用意していますか?―各連絡手段の種類とメリット・デメリット―

これは私が個人的に知り合いに頼まれたものを記事に起こしたものです。その方がブログ運営をする上でお問い合わせフォームを作りたかったらしいのですが、「どんな手段があるか分からない」と言われたので、自分のメモも兼ねて記事に起こしてみました。調べれば分かることを、1つにまとめただけの記事です。

 

4位 はてブ数22

ブログを一カ月放置したらアクセス数はどうなるか?長く読まれる記事を書く重要性

これは私自身の興味関心を改めて数値に起こしたものです。結局、ブログ放置による影響は記事数と記事のテーマが占めるところが大きいのではないかという結論に落ち着きました。当たり前に聞こえるかもしれませんが、改めて自分のブログの状況を確認できたのは良かったです。

 

5位 はてブ数21

ブログ運営で収益を得るために最も大事なことは“続けること”

ブログ運営テクニックというよりは、運営における精神論みたいなものを話した記事です。正直、この記事のアクセスが伸びるとは思いませんでした。好きな方が多いですよね、精神論。

 

ランキング外の記事を見ても、私のブログははてブ数が10~20で大体ダンゴになっている場合が多いですね。もともとこのブログのターゲットが「既にブログを書いている人で、“ブログ運営”を目指している人」であり、若干ニッチ気味なテーマなのも1つの原因かもしれません。

 

人気ブロガーが書いた記事であっても、アフィリエイトの解説やブログ運営の解説だと伸びないことが多いですし、個人的には十分です(もちろん話題性があったり、ものすごく丁寧な解説をすれば伸びる記事だってあるわけですが)。

 

チラシの裏的な余談

そういえば、最近ツイッターで「文章が長い記事はブクマされやすくバズりやすい。なぜなら、その場で読もうと思えないからだ」というコメントを見て、なるほどと思ったことがあります。

 

もちろん、タイトルや冒頭をパッと読んだ印象で「良いことが書いてあるかも?」と読者に思わせる必要はあるのでしょうが、1000文字程度ならだいたい1分もあれば読めますもんね。わざわざブクマする必要はありません。

 

「厳選!〇〇まとめベスト100」といった、無駄に長い記事のブクマコメントを見ると“後で読む”のタグが異常に多かったり、「20位までは見た」といったコメントが寄せられたりしていることからも、ある意味では真実なのでしょうね。

 

ただ、個人的には本当に厳選するならせめて10個にはまとめて欲しいとは思いますし、こんなことをやる人が「ブログ運営の目的はお金じゃありません!」と言うことほどわざとらしい言葉はないと思いますが。

 

収益面のお話

正直、このブログのテーマ的にマネタイズができるとは思っておらず、ブログ運営に関して思ったことを好き勝手に書きなぐろうと思っていたのですが、ブログ運営50日目にしては収益化出来ていると思います。

 

いまのところ50日間で、6169円。詳細な内訳を書こうと思ったのですが、Google AdSenseの確定収益額がまだ出ておらず、規約に触れるおそれがあるので、だいたいの内訳を割合で示します。

 

Google AdSense ――― 47%

A8.net ――― 45%

アクセストレード ――― 8%

 

クリック報酬広告であるAdSenseよりも、やはりA8やアクセストレードを合計した成果報酬広告のほうが収益化できていますね。まあ、私が特に大規模なアクセスを集めるのが苦手からかもしれませんが。

 

ただ、私のサブブログのテーマである“ブログ運営論”について「このジャンルは誰も成果報酬広告なんぞに手を出してくれないだろう」と思っていたので、正直なところ成果報酬が発生していたのにはびっくりしました。

 

確かに、ジャンルによって収益化のしやすさ/難しさはあるのかもしれませんが、記事を丁寧に書いていけば意外とちゃんと収益化はできるということなのかもしれません。これは改めて私自身の勉強と、気づきにつながったことでもありました。

 

今後について

今後のお話として、上にも書いたように、ブログ運営と学問を絡めたお話を中心に展開できればなと考えています。直感的・経験的に、あるいは商業組織やそれに関わる人を中心に運営されてきたブログやサイト運営というテーマに、学問という視点を持ち込むのは色々な刺激があって楽しいのではないでしょうか。

 

私の先輩にもブログやサイトのユーザビリティ、あるいは文章理解について消費者心理学や認知心理学、人間工学の視点からアプローチしていた方がいらっしゃったので、そういった方と連携して面白い話ができればなあと考えています。

 

ただ、そうなってくると記事の更新スピードが落ちるので、これから毎日更新は厳しいかなと考えています。あくまでこちらはサブブログなので、まあゆるゆるとやっていければいいかなと考えているところです。