読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


A8を始めてから半年でプラチナランクになりました

メディア運営者であるブロガーやアフィリエイターと広告主の間を仲介するアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)には、ランクと呼ばれるものが存在します。

 

ある一定額の成果を上げると、このランクと呼ばれるものが上がっていき、様々な特典を受けられるようになるとされています。今回、ASPの1つであるA8.netでプラチナランクというランクに昇格することができました。

 

f:id:nyarumeku:20150415014754p:plain

 

7段階のランクのうち、上から2つ目のランクです。残すところ、あとはブラックランクだけとなりました。せっかくなので、ここまでの推移とこれからの展望などについてお話したいと思います。

 

プラチナランクまでの推移

まず、そもそもA8のランクアップのシステムについて簡単にご説明しておくと、A8のランクは“過去3か月間の確定収益額(税抜)の合計値”によって決められます。1ヵ月の収益ではないのでご注意ください。

 

3か月でどのぐらいの収益額を出せばどのランクになるのか、3か月の収益を1ヵ月あたりに平均すると、どのぐらいの収益額をあげればいいのかを分かりやすく図表にまとめている方がいらっしゃるので引用させていただきます。

 

f:id:nyarumeku:20150415015032p:plain

出典:http://blog.livedoor.jp/net_scope-diary/archives/20148493.html

 

冒頭でもご説明したように、ランクとは、ただサイト運営者を収入によって区別するためのものではなく、それが上がることによって様々な特典を受けられるシステムでもあります。

 

たとえば、ゴールドランクを超えると広告主に特別単価で広告を掲載させてもらえないか依頼することができます。後は、広告主からの広告宣伝オファーがかかることもあります。このオファーを受けて広告主と提携するだけで(広告を貼らなかったとしても)収益が発生します。

 

つまり、ランクアップするとさらに収益を得やすくなるという仕組みです。

 

シルバーランクを超えたころでしょうか。シルバーランク以上だけを対象とした広告主主催のイベント参加募集の声がかかったこともあります。このように、ランクはただの見かけだけの区別などではありません。

 

そのため、なかにはセルフバック(自己アフィリエイト)を行って、自分で商品を購入し、ランクを上げようとする方もいらっしゃいます。まあ、ランクのことはさておき、少なくとも初心者のうちは、消費者の気持ちを理解するためにも自己アフィリエイトをする価値は十分にありますけどね。セルフバックも現金還元サービスだと思えばお得ですし。

 

アフィリエイトは自分1人でも収益が得られる?他人に商品を勧めない副業収入

 

ただ、シルバーランクまでの特典は何となく分かるのですが、私の場合、ゴールドランクを飛ばしてシルバーからプラチナにそのまま変わってしまったため、あまりゴールドランク以上のメリットを把握していないのが現状です。

 

これは私のブログ運営方針が複数の商材やサイトを使って徐々に収益を上げていくというタイプではなく、一点特化であることが原因です。リスク管理を考えれば、あまり好ましい状態ではないで、少しずつリスクを分散していますけどね。

 

人によってはゴールドランクを超えたあたりから広告主との連絡なども取れるようになっていくそうです。ですので、ランクアップによる恩恵などで分かったことがあれば、それはまた別の機会にお話したいと思います。

 

今後の展望

残すところブラックランクだけとなりましたが、ブラックランクの認定額は公式では不明となっています。ただ、多くの人が言うには3か月間の合計収益額が50万を突破すればブラックランクに認定されるとのこと。

 

それが本当なら、私はおそらく来月ブラックランクにアップするかと思います。別に、ランクの中身はどうでもよくて「ランクアップの恩恵が受けられればいいなあ」という程度なのですが、ブラックランクという最高位になることで、それを他者にアピールできるようになるのが今の私の望むところです。

 

これは、今現在、私が考えているプランの1つである「ブロガーやアフィリエイターによる社会貢献」という目的に深くかかわっています。

 

たとえば、芸術家として自分の作品を見てもらいたい人や、社会啓発活動を促したい人たちの中には、自己資金がほとんどなく、個展やイベントを自主開催出来ないという人たちも当然いらっしゃいます。そういった方たちの中には、ECサイトやブログを立ち上げて、自分の作品を展示・販売したは良いものの、何の収益にも啓発にも繋がらなかったという人たちもいます。

 

当然ですが、ここに企業が手を貸すのは難しいでしょう。なぜなら企業に依頼するようなお金をこの方たちは持っていないからです。ですが、私が個人で無料で相談にのることぐらいはできます。その際、ブラックランクという実績は、少なくとも私が最低限のブログ運営テクニックとノウハウを持っていることの証拠になります。これが私の考えるブログ運営者による社会貢献の1つの形です。

 

まあ、カウンセラーや医師、芸術家、音楽家がボランティアで活動することによって問題が起きているように、完全無料にすると様々な弊害も出てきますので、その点に関しては今後の課題です。個人倫理と社会倫理、業界倫理、経営倫理は全く別のものなので、私一人が自由に動き回ればいいというものでもありませんしね。

 

とりあえず現在はそういった活動の手始めとして、ブログというものに触ったことが無く、ブログに興味がある方へレンタルブログの使い方などを無償で教えたりしているところです。

 

結果的に、ブログに期待していたものが違ったという方もいらっしゃいますが、そういう選択の余地が生まれたことは1つの進展かなとも思います。

 

他にも社会貢献の形としていくつかのプランは考えていますが、私はそろそろブロガーやアフィリエイターと呼ばれる人たちは自身の収益だけでなく、社会との深いかかわりの中で生きていく段階になるべきではないかと考えています。それこそ、プロを名乗る人が現れた現状ならなおさらです。

 

まだまだ先の長い話ではありますが、少しずつ思い描く形にして行けたらなと考えています。