ブロガーはクロージングが下手?アフィリエイターから学ぶブログ運営のコツ

アフィリエイターがプロブロガーのブログなどを見て指摘することの1つに“クロージングの下手さ”があります。クロージングとは営業職の人に良く使われる言葉で、お客様に購入や契約を決断させることを指します。

 

ただ、突然「ブロガーはクロージングが下手」だと言われても、何のことか分からないかもしれません。そこで今回は、なぜブロガーはクロージングが下手だと言われるのか、上手く改善する方法はないのかなどについてご紹介します。

 

ブロガーはクロージングが下手って本当?

そもそもブロガーはクロージングが下手という指摘はなぜ生まれたのでしょうか。たとえば、以下の記事もその指摘をしている記事の1つです。

 

何が違う?アフィリエイターとブロガーがハングアウトして見えた「違い」と「共通点」

 

上の記事のアフィリエイターの指摘によると、「ブロガーは入口や出口を作るのが苦手だ」とされています。とはいえ、そもそも“入口”も“出口”も意識したことが無い人には、何を言っているのかよく分からない部分もあるでしょう。

 

これについては以下の記事が分かり易く解説していますので、一部引用させていただきます。

【保存版】アフィリエイトで稼ぐためのポイントを全て公開します!

 

一般的なアフィリエイトサイトでは、上の図のように「集客チャネル → ランディングページ → アフィリリンク → クロージング」というステップを踏んで行きます(ランディングページからアフィリリンクの間に中継コンテンツを含む場合も)。

 

このように、アフィリエイトサイトには集客チャネルからクロージングまでのパスが決められています。ですが、ブロガーのブログを見ても、このパスがどこからどのように引かれているのかが全く分からない場合があります。

 

たとえば、クロージングにあたる記事のはずなのに、色んなサイトやブログ、全く関係の無い記事へのリンクが張られていたり、集客チャネルに出来るはずの記事なのに、どこにもリンクが張られていなかったりといったパターンは、有名ブロガーのブログですら必ず見られます。

 

f:id:nyarumeku:20150407205327j:plain

 

収益面を考えた時、究極的には、このパスに関係の無い記事は一切不要という話になります。それ以上のパスが増えたところで、読者を迷わせるだけでしかありません。そのため、ブロガーはクロージングが苦手だと指摘されるのです。

 

ただ、ここを突き詰めすぎると「じゃあ、もうブログを書く必要って無いよね?」という話になるので、あくまで自分の中での線引きは必要です。

 

サイトではなく、ブログを開設したのは「文章を書くのが好き」「伝えたいことがある」といった自分なりのポリシーがあるからでしょう。そこを超えてまで参考にする必要はありませんが、ブログの運営上のデメリットは知っておく必要があります。

 

何をどう改善すればいいの?

先ほどもお伝えしたように、効率を求めるなら、究極的にはアフィリエイトの成約につながる以外のパスは全て取り外すべきです。ただ、実際にそんなことをブログでやると、それはブログではなくなってしまいます。

 

具体的なレベルの話になると、各ブログごとに対応が違ってきてしまうので、私には何とも言えませんが、少し抽象的な話ならできます。

 

それは、記事間の流れを意識することです。私はいつも内部リンク、内部リンクと言っていますが、「まず読者がどのページにアクセスし、どのページを見た後でアフィリエイトのリンクを見れば、そのリンクをクリックし、成約したいと思うか」を頭の中でイメージしながら記事を書く必要があります。そして、それらをリンクし繋げていくしかありません。

 

ブログの場合、どうしてもこのパスを遮る要素が入ってきてしまいますが、できるなら、このパスを妨げる要因は徹底的に排除すべきです。

 

たとえば、ブログランキング、何の関係も無い関連記事を配信し続けるスクリプトなどは見た目のPVこそ増やしてくれますが、成果報酬が低下し、全体の収益面ではむしろデメリットになりえます。

 

ブログランキングへの登録はメリットよりデメリットが多いからやめた方が良い話

 

また、記事中のAdSenseなどのクリック広告も同様です。記事の流れをぶった切ってしまう記事中のクリック広告は、全体の収益を下げてしまう恐れがあります。クリック報酬は収益効率で見た時、A8.netなどの成果報酬広告に比べて、特殊なテーマ、ブログでない限り適わない場合が多いからです。

 

ただ先ほども述べたように、あまりにもこれらを徹底しすぎると、それはもうブログである必要性すら無くなってしまうので、自分が許容できる範囲を設定し、それに沿って運営していく必要があります。

 

その上で、ブログを運営している人はただアクセス数の多い記事を増やすだけでなく、自分は読者にどんな記事をどんな流れで読ませたいのかについて考えていく必要があるでしょう。