読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


節税やブログ運営、広告収入など先月読んだ本5冊のまとめとレビュー

ネットに様々な情報が溢れるようになった今、改めて書籍で勉強をしようという人は少ないかもしれません。特に、それがブログ運営やアフィリエイト収入などの話になればなおさらです。ネットで調べて終わりという人も多いでしょう。

 

ただ、私は本のメリットとは「知らないことまで一気にまとめて、しかも系統だてて順序良く教えてくれる」所にあると思います。これはネットでは難しい勉強の仕方です。そこで、ブログ運営や広告収入、個人事業主のことなどに関して、ちゃんと1から勉強したいと思い、本を読んでみることにしました。

 

今回は、以下の書籍を読んだので、一冊ずつ簡単にコメントを加えていきたいと思います。

 

いちばんやさしいSEOの教本

必ず結果が出るブログ運営テクニック100

できる100ワザGoogle AdSense

オールカラー 個人事業の始め方

フリーランス・個人事業主の絶対トクする!経費と節税

 

SEOやブログ運営

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

 

企業向けの本とのことですが、この本を読んで、企業も個人もサイト・ブログ運営上やるべきことは変わらないということが分かりました。

 

序章はブログ・サイト運営の考え方がメインで、SEOとは何か、誰目線でサイトは作らなければいけないのかなどが紹介されていました。

 

この辺は私も同じようなことを考えていたので、それほど参考になったという訳ではありませんが、少なくとも「ただひたすらアクセスだけを集めればいい」と考えている人にとっては、ぜひ一読しておくべき章だと思います。

 

それ以降の章は、アンカーテキストやリンク、サイトの構造、パンくずリストなど、システム面でのお話が続きます。

 

個人的には、知らない単語の勉強なども含めてこの章が最も役に立ちました。最新の話を耳にする限り、逆効果になりそうな部分もあるのではとは思いましたが、用語集なども含めて、あくまでこの本を基礎の教科書と思えば、初心者にもかなり分かりやすい良書だと思います。

 

はてなやFC2など、レンタルブログでは完全に活かしきれないアドバイスなどもありますが、知っておくのと知らないのとでは段違いです。個人的には、一読しておいてよかった本だと思います。

 

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

 

“アフィリエイトで収益を得るための本”ではなく、あくまで“ブログ運営のための本”です。ここを取り違えると、少し残念な印象になってしまうかもしれません。また、筆者はあくまで“ブロガー”であって、web業界の人間でも、広告業界の人間でもありません。これも誤解しないようにした方が良いです。

 

さて、そのことを踏まえたうえで、本書は「ブロガーの視点から見た、効率的にブログを書いて広告を張り付けるための本」だといえます。「筆者はこのようにブログを運営しているよ」というテクニックを紹介してくれる本です。

 

そのため、ブログ運営に役立つツールの紹介やブログってこうやったら楽しいよねという啓発が主になります。すぐにアクセスを増やす方法や、すぐに収益を増やす方法が載っているわけではないということです。

 

現在、「ただ何の目的や終着点も無く、ひたすら記事を書けば何となく広告収入が入って来るんじゃないか」という人にはおススメですが、目標を持って、ある程度ブログの文章の書き方を身につけたうえでブログを運営している人には、ただの便利グッズ紹介になってしまうかもしれません。

 

個人的には、「あくまで初心者向けの本としては悪くないかもしれないが、中級者以上向けとしては物足りない本」といった印象を受けました。

 

広告収益の本

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術 できる100ワザシリーズ

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術 できる100ワザシリーズ

 

これからGoogle AdSenseを始めようという人にとっては、かなり有用な本です。また、Google AdSenseの広告をブログに張ってみたけど、よく分からないという人にも意義のある本です。個人的には、「月間AdSense収益が8000円未満」の人の学習用には最適な本だと思います。

 

AdSense収益を得る上で大事なのは、もちろんブログへのアクセス数を増やすことです。ですが、それと同時に、いかにポリシー違反を犯さず記事を書き続けるか、いかにAdSenseの広告を効率よく運用するか、問題点を発見した時いかに迅速にそれに対応できるかなどの知識も求められます。

 

特に、サイトの改善方法や記事の改善方法などは、なかなか自己流でコツをつかむまでには時間のかかる部分ですが、それを本という形で系統だてて短時間で学習できる点が本書の良い部分だと思います。

 

AdSenseで一定以上の収益を得ている人とそうでない人の違いはまさにこの書籍に書いてあることが切り分けていると思うので、その違いを知りたい方はぜひ一読をお勧めします。

 

税金や個人事業主関係

オールカラー 個人事業の始め方

オールカラー 個人事業の始め方

 

個人事業を始めるにあたって、とりあえず読んでおこうかと手に取った本です。これは私が誤解したのが悪いのですが、本書はあくまで文字通り「個人事業の始め方」の本であり、「個人事業の経営テクニック」の本ではないことには注意が必要です。

 

内容としては、そもそも個人事業を立ち上げるとはどういったことなのか、開業届や青色申告の届け出、確定申告に必要な帳簿などの書類はどんな書式でどこに提出すればいいのかなどについて分かりやすく解説してあります。

 

個人事業主になるための方法を全般的に紹介しているので、ブログ運営やWEBサービスで個人事業主になる人に特化した書籍ではありません。そのため、仕入れの計算や事業立ち上げのための借金の仕方など、一部直接役に立つわけではない章も混じってきます。

 

ですが、ブログ運営者に必要な、経営者的視点を身につけるための事業コンセプトの立て方、事業計画書の作り方などを詳細に紹介してくれるので、読んでおいて損はありません。というか、ブログである程度の収益を得ることを計画している人はぜひ一読をお勧めします。

 

フリーランス・個人事業の絶対トクする!経費と節税

フリーランス・個人事業の絶対トクする!経費と節税

 

ネットでもお勧めされることの多い、個人事業主向けの節税対策本。アフィリエイトやブログ運営などに特化しているわけではないですが、個人事業主全員に応用の効く節税対策や知っておくべき知識を紹介されています。

 

「健全な節税対策」の本で、法的に妥当な範囲での節税の方法について会話形式で紹介してくれる優しい内容です。ボリュームが多くはないので、1,2時間程度で読み終わりますが、 内容が薄いわけではないので、何度も読み返せる内容になっています。

 

たとえば、個人事業主の中でも、特にブログ運営・サイト運営の分野は収入が不安定な分野です。突然年末に収益が向上し、年末調整が必要になる可能性もあるでしょうし、あるいは収益が突然極端に低下してしまうこともあるかもしれません。

 

前者の場合は、どうやって節約をするのか、後者の場合は、収入が不安定な分野の経営判断はどうすべきかなどについて有益な示唆を与えてくれる本です。個人事業主を名乗る人はぜひ一読をお勧めします。

 

ちなみに、著者は『個人事業の丸投げ確定申告』という1問1答形式の確定申告ブログを運営されています。興味のある方は見て見ると良いでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。気になる本はありましたか?

 

個人的には、『いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方』と『フリーランス・個人事業の絶対トクする!経費と節税』の本が読んでいて最もワクワクする本で、他人様にもお勧めしやすい本だと感じました。

 

これらは、お金を出して買っても損はしない本だと思います。読み物としても面白いので、もし興味のある方は手に取ってみて下さい。また次回お勧めできる本があればご紹介します。