Google AdSenseを使っている人は定期的に過去記事を見直して

「Google AdSenseの規約は厳しい」という言葉を聞いたことはないでしょうか。Google AdSenseは他のクリック広告やアフィリエイトなどに比べて、はるかに規約が厳しいとされています。

 

そのため、AdSense広告を掲載できるサイトやコンテンツは著しく制限を受けます。もしも、この規約を破ってしまうと、“広告配信停止”という最悪の事態になってしまいかねないからです。

 

今回は、AdSenseにおいて規約違反にならないまでも、注意しておくべき現象についてご紹介します。

 

広告が表示されない!

よっぽどひどい内容やサイトデザインならともかく、たいがいの場合、いきなり広告配信停止という事態にはなりません。少なくとも、注意してコンテンツを書いている限り、それ以前に、AdSenseからの修正通知が来るのが一般的なようです。

 

ただ、Googleからの修正通知やポリシー違反通知が来ていないのに、広告が表示されないこともあります。たとえば、以下の画像を見て下さい。

 

f:id:nyarumeku:20150402173914p:plain

 

本来、上の写真の赤枠で囲まれた部分には、AdSenseの広告が配信されるはずですが、その広告が表示されていません。ちなみに、この現象はスマホだけでなくPCの表示でも確認されています。

 

しかし、同じブログの他の記事には問題なく広告は配信されています。つまり、完全にこの記事に対してだけ広告の配信が止まっているということです。この場合、Google AdSenseにはポリシー違反の通知は来ません。私は何度かこの現象に遭いました。

 

過去記事は何回も見直して

この現象の面倒な点は、特定の記事だけでのみ広告が表示されないため、ブログの各記事を実際に見た上でしか確認できないという点です。

 

「ブログ全体の広告が配信停止になったわけじゃないんだし、まだまだその記事へのアクセスはあるんだから放置しておけばいいんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、その記事からの検索アクセスが多く、ブログ全体のページビュー数に貢献しているような場合、その記事を消すのはけっこう勇気がいることでしょう。

 

ですが、その記事がAdSense広告配信停止予備軍の記事であることには間違いありません。気づいたら即刻消しておくべきです。はてなブログなどの場合は、一度記事を下書きに戻しておいて、修正し直してからアップするのも1つの手かもしれません。ともかく、そのまま放置は一番やってはいけないパターンです。

 

そして、このパターンの問題は、どれだけコンテンツに気を付けていても普通に起きえます。私も、できるだけAdSenseの規約を暗記した上で、規約に則った記事を書いているつもりですが、「え、この記事が広告表示停止になるの?」という事態が何度かありました。

 

過去記事の見直しはリスク管理のためだけではなく、リンクの整理、広告の張り直しなど様々な面で役に立ちます。記事数が多い人は、全記事を見直すのは手間かもしれませんが、できるだけ定期的に過去記事のメンテナンスはしておくべきだと言えるでしょう。

 

関連記事:ブログで収益を得たいならアクセス数を気にする生活をやめよう