ブロガーやアフィリエイターたちの副業一覧―その職業から内容まで―

アフィリエイトやブログでの収益は、よく副業としてお勧めされます。ですが、そういった収益を本業にしている人ももちろんいるわけです。そして、ブログやアフィリエイトで収益を得る人たちの多くは、それだけで日々の収益を得ているわけではありません。

 

ネットなどで検索してみると、アフィリエイターやプロブロガーと名乗っていても、副業を別に抱えている人はたくさんいます。そこで今回は、アフィリエイターやブロガーたちが副業にしている職業や業務を一覧にしてご紹介したいと思います。

 

今回は、たった一例だけでも見つかれば、副業としてカウントすることにします。

 


(c) .foto project

アフィリエイターたちの副業

IT技術的な能力に関わるもの

SEOやサイト運営のコンサルタント

コンサルが主業という人の方が圧倒的大多数ですが、ブログ運営やアフィリエイト収益が本業でコンサルもやってますという方もわずかながらいらっしゃいました。その場合、セミナー業・執筆業なども同時に兼業されている方が多かったです。

 

ブログ・サイト運営の補助

コンサルタント程ではなくとも、ブログやサイト運営の基礎的な知識を持っている人も多く、運営管理を一部任されているという人もいらっしゃいました。ちなみに、私もお小遣い程度ですが、サイト運営のお手伝いをしています。CSSやHTMLが触れる、バナー広告が作れるだけでも意外と重宝されるので、知り合いなどにアプローチしてみると良いかもしれません。

 

ブログ・サイト作成

これがかなり多かったです。アフィリエイトをやる前はWEB系の技術屋だったという方が大多数で、仕事をやめてもその時の技術を使って日銭を稼ぐぐらいに続けている方もけっこういらっしゃいます。

 

文筆業

寄稿によるライター業(雑誌・Webページ)

これはアフィリエイターよりもブロガーと名乗っている人に多かったパターンです。自分の知名度を使って、よそのブログやサイトに寄稿する人も結構いらっしゃるようですね。イケダハヤトさんなどは特に有名ではないでしょうか。ここから出版につながることも少なくないようです。

 

クラウドソーシングによるライター業

「寄稿するほどの知名度は無くとも、文章やデザインはできる」という方は、ランサーズ のライターとして収益を得ている場合もありました。寄稿よりも収益は落ちますが、意外と副業としては悪くありません。私も、時間が余った時だけ手をだすことにしています。

 

電子書籍の自己出版

現在では、書籍の自己出版もパソコンとネット環境さえあれば誰でもできるようになりました。いわゆる「キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)」というやつです。実際、アフィリエイターやブロガーの中にも自分でKDPをする人がいます。ただ、KDPの仲介業の中には多額のお金を請求し、詐欺まがいの収益を得ようとする悪徳業者もいるので、十分な注意が必要です。

 

KDPの解説などはこちら。

電子出版なら Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

 

他のWEB商売

ネット通販・転売

これもけっこう多かったです。「自社サイトを開設して物を販売する」というレベルで本格的にやっている方は見当たりませんでしたが、楽天やAmazon、オークションを介して転売するというレベルなら少なからずいらっしゃいました。BASE など簡単にECサイト開設をできるサービスが現れてきたことも一因のようです。

 

ユーチューバ―

これは正直、ブログとどちらが本業か区別がつけ辛いです。ブログのアクセスをユーチューブに持って行くことも、ユーチューブのファンをブログに引っ張ることだってできます。そういった意味で、このタイプは兼業というのが正しい言い方だと思います。

 

ドロップシッピング

もしもドロップシッピングに代表されるような、自分で在庫を持たないWEB販売の一形態ですが、アフィリエイトとかなり親和性が高いため、利用している人も少なくありませんでした。これもどちらが本業とは区別がつきにくい状態です。

 

FXや株

正直なところ、このジャンルは“嘘っぽい”情報が多すぎて、門外漢の私には判別がつきませんでした。ただ、私の知人にも株である程度収益を得ている人もいますし、もともとお金を持っている人なら遊ばせておくこともできるので、副業としてやっている人もいるでしょう。

 

その他

セミナー講師業 

講師業と言っても、そのほとんどはブログ運営やアフィリエイトのセミナー業です。つまり、コンサルタントと似たようなものです。ただ、社会派ブロガーと呼ばれるような人たちは、ブログ運営とは関係の無いセミナーを開いたりもしています。あくどいやり方をしている人も真面目にやっている人もいらっしゃるので、あまりどうこう言い難いジャンルです。

 

日雇いバイト・日雇い派遣

日雇いバイトや派遣とアフィリエイトは相性がいいです。アフィリエイトは時間に追われないので、突発的な作業に向いています。ただ、日雇い派遣は色々と制限が厳しいので、誰もが出来るというわけでもないのが難点です。

 

とはいえ、現在ではお金が無い個人事業主がこうした単発の仕事で収益を得るというのも珍しくない時代。働き方の1つとしてはアリなのかもしれません。以下のサイトで、単発の求人などを探すことができます。

 

ニートが日雇いバイトのサイトを比較しておすすめ5つを決めるよ

 

派遣社員・アルバイト

最近では、バイエイターという単語が出てきたぐらい、アフィリエイト収益を補うためにバイトや派遣をする人もいらっしゃるよう。とはいえ、いつまでも続けられるものではないので、いずれは他の副業にシフトしなければならないかもしれませんが。

 

農業

意外と何件か見かけたのが、この農業です。最近ではミニマリストや田舎暮らし的な生活スタイルが流行っているせいか、農業の自給自足的な生活が改めて評価されつつあるようです。確かに、アフィリエイトの収入が少なくとも、食費などの出費を抑えられれば十分暮らしていけるのかもしれません。

 

余談ですが「漁業を副業にしてアフィリエイトをしている」と宣言している人はいませんでした。漁業は、副業にするにはコスト的に見合わないのかもしれません。収入として見込むのは難しいかもしれませんが、最近ではボラバイトといった簡単に応募できる農業求人もあるので、そういったところにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 

農業求人|農家・牧場・ペンション体験の求人情報|ボラバイト

 

アフィリエイターたちの副業を見て感じたこと

だいたいこんなところでしょうか。「〇〇を本業にして、アフィリエイトやブロガーを副業にしています」という人はかなり多かったですが、その逆はほとんどいませんでした。

 

多分、大きく分けて以下の2つの理由があるためだと思います。

 

1. 「アフィリエイト 副業」という検索キーワード狙いのサイトが多い

2. アフィリエイトを本業にできるレベルで収益を得ている人がほとんどいない

 

いずれにせよ、「アフィリエイト収入だけで暮らしています!」と専業宣言している人は意外と多くなかったですね。そう宣言している人のほとんどはペラッペラの中身の無いサイトか、更新がだいぶ前に止まっているサイトばかりでした。専業アフィリエイターを名乗る人のほとんどは、ただ情報商材を売りたいだけということです。

 

上に挙げた副業一覧も、一応私が信頼できると判断したものをピックアップしましたが、あくまでアフィリエイターたちの自己申告を信用しているだけなので、情報の正確性は完全ではありません。その点だけはご了承ください。

 

ちなみに、派遣やバイトを副業としている方は、「いずれは専業アフィリエイターになりたい!」と宣言している方が多かったですが、まあ、私からは何も言えません。先輩アフィリエイターやブロガーたちの窮状を見て、まだ同じことが言えるのであれば、そこから先は個人の自由だと思います。

 

でも、やはりというか、ある程度以上の収益を上げている人はアフィリエイトやブログの他に、だいたいは副業を考えている or 抱えていましたね。アフィリエイトを続けていると、ある程度の限界などを感じてくるのかもしれません。

 

ちなみに、今回ご紹介したのは、あくまで私が見つけられた分だけですので、もし「他にもこんな副業のパターンがあったよ」という場合は、ブックマークコメントなどで教えていただけると幸いです。