ブログランキングへの登録はメリットよりデメリットが多いからやめた方が良い話

日本ブログ村、人気ブログランキング、マイブログetc……。ここに挙げたものに限らず、登録されたブログをランキング化させ、まとめているサイトはいくつかあります。

 

皆さんも、このようなボタンを張り付けているブログを見たことがないでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20150328231856j:plain

 

このボタンをクリックされた数に応じて登録されたブログがランキング化されます。そして、ランキング上位に来たブログほど目につきやすくなり、ランキングサイトからのアクセス数が増えやすくなるという仕組みです。

 

そのため、自ブログのアクセス数を増やすために、ブログランキングに登録する人も数多くいらっしゃいます。ですが、少なくともブログ運営、ブログ収益という視点から見るならば、この施策は全くの逆効果だと言えます。今回は、この点についてお話していきます。

 

ブログランキングのメリット

まずは、ブログランキングに登録するメリットからお話していきましょう。ブログランキングに登録される方が感じているメリットは大きく分けて以下の3つだと思います。

 

1. ランキングサイトからのアクセスを見込める

2. 記事の検索エンジンへのインデックスが早まる

3. ランキング上位に上がることによるモチベーションの向上

 

特に、よく言われるのが1番の「ランキングサイトからのアクセスを見込める」というメリットです。確かに、ブログランキングへ登録すると、毎日わずかながら一定数のアクセスが見込めます。
 

また、私がブログランキングに登録することで得られる最大のメリットだと考えるのは、2番の「記事の検索エンジンへのインデックスが早まる」 という点です。特に、始めたばかりのブログは検索エンジンへのインデックスが遅く、記事を更新してもなかなか検索アクセスが増えません。ブログランキングに登録することによって、この更新速度を速めることができます。

 

他にも、人によってはブログランキング内でコミュニティに参加したり、ランキング上位を狙うことで、ブログ更新のモチベーションを維持している人もいるようです。

 

このように、確かにブログランキングに参加することに全くメリットが無いわけではありません。ですが、ブログ運営においてはそれを遥かに上回るデメリットがあります。

 

ブログランキング参加の将来的なデメリット

人によっては、今度のGoogleのアップデートによってブログランキング参加がブログの検索順位に悪影響を与えてしまうのではないかと指摘されている方もいらっしゃるようです。

 

Googleのドアウェイ(誘導)ページ・アップデートって結局のところどうなのよ?

アフィリエイトやブログランキング参加はgoogleガイドライン違反に変わります

 

こうした予想が本当かは分かりません。あくまで予想ですので、外れる可能性もあります。この指摘に関しては、今のところ一応注意しておく程度で構わないかもしれません。

 

ですが、私個人はブログランキングに関してもっと大きなデメリットがあると考えています。これは将来的に起きるかもといった曖昧なものではなく、現在進行形で起きている具体的な問題です。

 

それが、「読者の動線の破壊」問題です。

 

ブログランキングは記事間の流れをぶった切る

ブログランキングを使用する人は、ランキングボタンの下にこのようなコメントをよく書いています。

 

 ランキング参加中です

応援クリックお願いします

ポチッと押してください

クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります

 

さて、こうした“お願い”に応じた人は、ボタンを押すとどこに行くでしょうか。当然ですが、ブログランキングのサイトに行ってしまいます。そして、多くの人はもとのブログには戻ってきません。

 

以前にも述べたように、ブログ運営・ブログ収益において最も重要なことは内部リンクの編集によって記事間の流れを作ることです。つまり、読者の記事間の動きを誘導することです。ランキングボタンはその流れをぶった切ってしまいます。

 

ブログで収益を得たいならアクセス数を気にする生活をやめよう

 

これがブログランキングの最大のデメリットです。他にも、私が一番ブログで収益を得ているA8.netの広告を貼っていたとしましょう。Google AdSenseなどでも構いません。ですが、読者が「ボタンをポチって下さい」という文言を見たために“気を利かせて”広告ではなくランキングボタンを押したとしたら悲惨です。得るはずだった収益を自分でみすみす逃してしまうことになりかねません。

 

「ランキングで上位に上がること」を最大の目標としているなら構いません。ですが、「ブログのページビューを伸ばしたい」「ブログの収益を上げたい」と思っているのに、ブログランキングに参加するメリットはまったくないと言えるでしょう。

 

ブログランキングのメリットはそもそもメリットと呼べるか?

ここで少し話を戻して、先ほどブログランキングに参加するメリットとして挙げた「ランキングサイトからのアクセスが増える」「記事のインデックスが早くなる」といった項目について改めて見てみましょう。

 

まず、「ランキングサイトからのアクセスが増える」という点についてですが、これはほとんど期待できません。私は日本ブログ村、人気ブログランキングで一時期、カテゴリー一位になったことがありますが、増えるアクセス数と言えば一日につき、せいぜい十数ページビューといったところです。

 

しかも、ランキングサイトから訪れた人は、自分と同じく「アクセスを増やしたい」と思っている人だからか、全く広告を踏んでくれることもなければ、SNSなどで拡散してくれることもありません。ブログ運営においては、ただの見かけだけの数字と一緒です。

 

また、「記事のインデックスが早くなること」などについても自分でGoogleウェブマスターツールなどを使って記事をインデックスすれば良いことですし、はてなブログなどの場合は、たとえ作りたてのブログであっても記事を更新してから1時間も経てば勝手にはてなの方からインデックスしてくれます。

 

つまり、ブログランキングに参加する実際的なメリットはほとんどないのです。また、ランキングボタンをサイドバーに張ったり、記事下に張ることで、ブログの表示速度は遅くなります。

 

もし興味のある人は、GTmetrix などを使って、ランキングボタンの有無でブログの表示速度がどのように変わるかを試してみて下さい。複数のランキングサイトに参加されている方は特にけっこうな変化があると思います。

 

まとめ

ブログランキングには、いくつかのメリットがあると言われています。特に、「ブログランキングからのアクセスが増える」という点は初心者のころは嬉しいもので、少しだけでも見た目のアクセスが増えるので、いつまでも付けていたい気分になります。

 

ですが、少なくとも私はランキングボタンをつけておく実際的なメリットはほとんどないと思いますし、むしろ「読者の動線の破壊」「ブログ表示速度の低下」などデメリットの方が多いように感じます。

 

実際、有名ブロガーと呼ばれるような人たちでブログランキングに参加している人を見かけることはほぼありません。もし、ブログランキングに参加されている方は、「一体自分がどんな目的でランキングボタンをつけているのか」を改めて見直してみると良いのではないでしょうか。