読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


WEB業者やブロガーの言う「ブログの質」って人間にとっては低品質かもしれない

ブログのアクセスが欲しい人はどんな点に気をつければいいでしょうか?多くのブログで言われる注意点が、記事の量と質です。記事の文字量や記事数は(基本的に)多ければ多いほど良いと言われますし、記事の質は高ければ高いほど良いと言われます。

 

ですが、“記事の質”という言葉に込められた意味は、初心者が受け取る意味と彼らが使う意味では、大きく異なります。ここを勘違いすると、アクセスアップを狙って、的外れな記事を書いてしまう可能性もありますので、今回は記事の質について話していきましょう。

 

業者やブロガーの言う“質の高い記事”は面白くない

ブログ初心者の方は、質の高い記事と言われて、どのような記事を思い浮かべるでしょうか。オリジナリティの高い記事?面白い記事?誰かの役に立つ記事?それとも、すごく論理的な文章で結論を導き出した頭の良さそうな記事ですか?

 

ブロガーの方たちは“質の高さ”の基準を定義せずに、まるでそれが客観的な指標の1つとして確立しているかのように、「質の高いブログを書きなさい」と言いますが、私は初めてこの言葉を見た時、「結局何をすればアクセスアップができるのだろう」と首をかしげました。

 

なぜなら、そのブログは特に面白いわけでもなければ、どこかで見たようなことをひたすらリライトしているだけのブログだったからです。そのため、その記事は、私のブログのアクセスアップには何の参考にもなりませんでした。

 

他にも、はてなブックマークの人気エントリーと呼ばれるカテゴリに入ってくる記事も、その半分ぐらいは別に大したことのない内容ばかり更新しています。

 

これを見て、私は「きっと、質の高さという点で何か私の理解に誤りがあるのだろう」と考え、その原因を考えました。

 

ブログの質はSEOの質

結論から言えば、WEB業者やブロガーがよく言う“ブログの質”とは、そのほとんどがSEOの質の話を指していました。当然、ブログ始めたての人間には、彼らの言う“質”の意味なんて理解できません。

 

「本当に?」と思われた方は、ブログや記事の質について語っているブログを探してみて下さい。そのほとんどがブログの質と言いながら、SEOの話をしているはずです。

 

もちろん、「記事のオリジナリティを高めて下さい」「読者の役に立つ記事を書いて下さい」と言う方もいらっしゃいます。ですが、だいたいはその後に「検索エンジンからのアクセスを増やすために」といった言葉が続きます。

 

オリジナリティや有用性、面白さといったコンテンツ部分は、それ自体が記事の質だと言われているわけではなく、あくまでSEOを高めるための要素として重要だと話されているだけなのです。そのため、質の高い記事=被リンクの多い記事だと言う人までいらっしゃいます。

 

これはほんの個人的な感想なのですが、こうした記事が“質の良い記事”だと言われてしまうと、面白かったりオリジナリティに溢れる記事であっても、SEO的にはあまり良くないだけで、“質の悪い記事”だと言われているようで、あまり好きではありません。

 

量と対比させやすいので、質という言葉を用いるのかもしれません。ただ、初心者に配慮する意味でも、もうちょっと具体的にその内容を示した方がいいのではないかなと思うのでした。

 

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方