読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


ブログ収入の基本「忍者Admax」とは?―評価から有効な使い方まで―

読者がアクセスするごとに収益が得られる“PV(ページビュー)報酬型広告”として「忍者AdMax」が有名です。ただ、この忍者Admaxはクリック報酬型広告のGoogle AdSenseなどに比べると、収益が落ちるなどと言われています。

 

そこで今回は、忍者Admaxが一般的にどのような評価を受けているのか、収益効果はどうなのか、有効利用するためにはどのようにすればいいのかについてご紹介していきたいと思います。

 

メリットとデメリット

メリット

審査が無い

規約が緩い(メンテナンスが最小限で済む)

Google AdSenseと相性が悪いブログに利用できる

Google AdSenseと相性が悪い広告との組み合わせが可能

スマホ広告としての利用価値が高い

 

デメリット

Google AdSenseより収益が低い

 

よく言われる忍者Admaxの導入メリットと言えば、審査が無く、Google AdSenseとの相性が悪いブログ(アダルトサイトなど)にも使用できるという点です。実際、初心者の導入口として、あるいはきわどいサイト用の広告として忍者Admaxは紹介される傾向にあります。

 

ですが、私が忍者Admaxを利用する上で最大のメリットだと考えるのは、Google AdSenseとの相性が悪い広告とも組み合わせて利用できる点だと思います。

 

たとえば、A8.netなどアフィリエイト広告を配信している企業では、少なからずAdSenseとの相性が悪い広告も配信されています。アダルトに限らずAdSenseでは、ギャンブルやアルコールに関する広告なども使用することができないのです。

 

また、下着や水着姿も場合によっては性的なコンテンツとみなされてしまうので、そういった広告を扱いたい方にもAdSense広告を使うのは難しいでしょう。他にも、AdSenseとの組み合わせでは、いくつか扱うのが難しい広告ジャンルも存在します。

 

このようなブログコンテンツ&広告ジャンルの厳しい制限があるため、人によってはAdSenseをあえて利用しない方もいらっしゃいます。

 

「AdSenseを使わず忍者Admaxを使う」。これは確かに1つの選択肢として重要です。実際、AdSense広告の重要性はアフィリエイトで収益を得れば得るほど相対的に低くなっていきます。

 

忍者AdmaxとGoogle AdSenseの収益比較

私自身が検証したわけではありませんが、一般的に、忍者Admaxの収益はAdSenseの1/5未満程度だと言われています。たとえば、AdSenseの収益が5000円ならAdmaxの収益は1000円程度ですし、AdSenseが10万円程度ならAdmaxは2万円程度だということです。

 

「じゃあ、アフィリエイト広告とのマッチングのことを考えてもAdSenseの方が良いのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、本来クリック報酬広告、PV報酬型広告というものは非常に収益効率が悪いのです。たとえAdSenseですら、1PVあたりだいたい0.2~0.3円程度が相場だと言われています。つまり、クリック報酬広告だけで10万円を稼ぐなら30万PV以上必要だということです。

 

一応AdSenseの場合は、サイトの内容に合わせた広告(コンテンツマッチング広告)が配信されるので、サイトの内容をAdSenseで高報酬を得られるものにすれば、収益効果を上げることもできます。とはいえ、それには徹底的なターゲティングとキーワード選定が必要で、しかも今では新規参入が難しい状態です。そこまでするならアフィリエイトで収益効率を上げる方がはるかに簡単だと思います。

 

その意味で、AdSenseとAdmaxの収益効果を比較する際には、2つの単純な収益効果を比較するだけでなく、アフィリエイト広告との組み合わせのしやすさを重視した方がいいでしょう。

 

スマホ広告としての有効性

AdSenseをスマホで表示するとき、ページのトップに300×250のレクタングル広告を配置することはできません。それをすると、“ファーストビューで記事本文が見えないように広告を配置してはいけない”という規約に違反する場合が多いからです。余談ですが、この規約に違反してAdSense広告停止になる人が多いので注意しましょう。

 

一方で、忍者Admaxであればページのトップであってもレクタングル広告を配置できます。正直なところ、この位置で、このサイズの広告配置は誤クリック狙いの要素が強いので、あまり推奨するのもどうかと思いますが、出来るか出来ないかで言えば出来るわけです。

 

その意味で、Admaxはクリック報酬型広告やPV報酬型広告の中でもスマホ広告としての自由度が比較的高いと言えます。

 

まとめ

ここまで忍者Admaxの基本的要素について色々と話してきましたが、やはり基本的にはGoogle AdSenseを使えるなら使った方がいいです(私もAdSenseを主に使用していますし)。ただ、無理をしてAdSenseを使用するぐらいなら、Admaxを使った方がはるかにサイトの自由度やオリジナリティが出しやすくなります。

 

まず初心者の場合、「AdSenseだけで収益を得る」あるいは「忍者Admaxだけで収益を得る」という思考をいったん止め、いかにMoba8.net といったアフィリエイトと組み合わせて収益を上げるかということを考えた方がいいでしょう。

 

その上で、忍者AdMaxは使用する価値があるのかと考えると、おのずとその価値が見えてくるはずです。

 

忍者AdMax