読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


はてなブログの「読者になる」システムの3つのメリット

はてなブログには「読者になる」というシステムがあります。このシステムの本来的な機能は“読者になったブログが更新されると通知が届く”というものですが、「別に他人のブログに興味など無い」という人はこのシステムを利用したことが無いという人もいるでしょう。

 

ですが、この「読者になる」システムには、いくつかメリットもあります。

 

ただし、ここではあくまで「読者になる」システムのメリットをご説明するだけで、この方法を推奨するわけではないことは先に述べておきます。

 

それでは、「読者になる」システムの3つのメリットについてご説明しましょう。

 

1. 「読者になる」システムの被リンク効果

他人のブログの読者になると、そのブログのプロフィール欄から被リンクをもらうことができます。具体的に説明しましょう。以下の画像の赤枠で囲まれたアイコンを皆さんはクリックしたことがあるでしょうか?

 

f:id:nyarumeku:20150310144631p:plain

 

このアイコンをクリックすると、そのユーザーの運営しているメインブログにアクセスできるのです。つまり、他者のブログに対して読者登録をすると、自動的に被リンクが1つ増えることになります。

 

ただ、直接ブログに対してリンクをしているわけではなく、あくまでそのユーザーのプロフィールのURLを介してメインブログにアクセスしているようなので、SEO的な意味での被リンク効果は期待できませんが……。

 

読者登録返し

はてなユーザーの中には、読者登録をされると読者登録をし返すという方がいらっしゃいます。ツイッターのフォロー・リフォローの関係のようなものです。ルールでもマナーでもありませんが、読者登録をされると、し返してあげないとキモチワルイのかもしれません。

 

当然ですが、読者登録をしてもらうと、自然と自ブログの読者が増えることになります。これによって、自ブログに一瞬でも目を通してくれる人が結果的に増えることになります。

 

この“一瞬でも目を通してくれる”というのが、ブログを始めて初期のころはもの凄く大事です。ブログを始めてすぐは、どれだけ良い記事を書いても普通は他者の目に触れることなく、新たな記事を更新し続ける必要があります。

 

ですが、読者登録返しがあることによって、良い記事さえ書いていれば、その記事がバズる可能性も高くなります。はてなで「〇〇日で〇〇万アクセス」といった記事を書く人がたいていやっている手段の1つです。

 

正直、私は好きな手段ではありませんが、メリット・デメリットで言えば、これが最も大きなメリットでしょう。少なくとも、少しでも気に入ったブログがあれば積極的に読者登録をしておいて損はありません。

 

ちなみに、あまりに機械的に他者のブログの読者登録ばかりをしていると、はてなからアカウント停止されるので、悪用は禁物です。実際、先日私の運営するすべてのブログを機械的に読者登録したアカウントがありましたが、アカウント停止されたようです。

 

あまりに“悪目立ちする”使い方は控えた方がいいでしょう。

 

人気ブログになる

間接的なメリットではありますが、自ブログの読者数が増えることによって、はてなの“注目のブログ”に取り上げられやすくなります。

 

f:id:nyarumeku:20150310161958p:plain

 

実のところ、注目のブログに取り上げられる要因については様々な議論があり、決着はついていません。ですが、皆が口をそろえて挙げる要因の1つに、ブログの読者登録数があります。

 

どのぐらいの読者が、どのぐらいの期間で増えると注目のブログになるのかは不明ですが、少ないよりは多いに越したことはないでしょう。

 

注目のブログに取り上げられると、アクセス数が増加します。このアクセス自体ははてなユーザーからのアクセスなので、ほとんど直接的な収益にはつながりません。

 

ですが、ブログのアクセス数が増えると、自然と記事がSNSなどで拡散され、バズりやすくなります。こうした点から、注目のブログに取り上げられる恩恵は大きいと言えるでしょう。

 

まとめ

はてなブログの読者登録システムのメリットを改めて簡単なパスでご説明します。

 

他者のブログの読者になる⇒メインブログへの被リンクが増える and 読者登録を返される⇒人気ブログになる⇒記事がバズりやすくなる⇒収益増加

 

ここまで上手い図式にはなりませんが、だいたい他者のブログを読者登録するメリットを挙げるならこんなところでしょうか。他者のブログにあまり興味の無い人にとってみれば、全く無意味に思えるかもしれませんが、意外とメリット・デメリットの視点から見てもメリットの大きいシステムです。

 

せっかく読者同士の相互交流を促すシステムとして用意されているのですから、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。