アフィリエイト=商用利用ではない!2つの違いを理解しよう

多くのレンタルブログサービスは、「商用利用禁止」を利用規約に含んでいます。私が利用している「はてなブログ」では、ブログの商用利用に関する規約を以下のように定めています。

 

“商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。”

出典: ガイドライン - はてなブログ ヘルプ

 

それでは、こうした商用利用の禁止を定めているブログサービスでアフィリエイトをすることは問題ないのでしょうか。商用利用とアフィリエイトの違いについて触れながら解説していきたいと思います。

 

商用利用とアフィリエイトの違い

そもそも商用利用とは「自分の利益を得る目的で、営利目的で、利用すること」だとされています。たとえば、コンサルタントや会計士がブログで自分の活動を報告し、「お仕事はこちらから承っております」といったようにブログ内で宣伝すれば、それは完全に商用利用です。

 

また、これはブログサービスごとによって見解が違いますが、個人経営のカフェなど個人経営者、あるいはどこかの企業に属するメンバーが、自社の活動をブログで報告することも商用利用に含まれる場合があります。はてなの場合は、こうした活動報告を主とした宣伝に関しては許可しているようです。

 

私もはてなブログで以前好きだった自社宣伝ブログがありました。名古屋の「丸八テント商会」という企業のブログですが、テントに合わせて色々な小話をされていたのが面白かったです(最近は宣伝目的が強くなっているので、あまり読んでいませんが)。まあ、はてなではこのぐらいの商用利用が許されているという目安になるのではないでしょうか。

 

アルミプチの暖かさ知ってますか? - 丸八テント商会のブログ

 

それでは、アフィリエイト広告はどうでしょうか。アフィリエイトも“商用利用”の定義である「自分の利益を得る目的で、営利目的で、利用すること」に含まれそうなものですが、アフィリエイトについては多くのブログサービスが別に規約を定めている場合が多いです。

 

商用利用が禁止のブログでも、アフィリエイトに関してはOKというブログサービスも少なくありません(その逆はあまりみかけませんが)。はてなブログなども「禁止事項に反しない限りアフィリエイトプログラムの制限はない」としています。

 

アフィリエイトは商用利用と定義上区別することは難しいかもしれませんが、規約上は別に定められているので、「商用利用禁止だからと言ってアフィリエイトも禁止」とは必ずしもならないので、ご注意ください。

 

商用禁止の画像利用

同じ理由から、商用利用禁止の画像であってもアフィリエイト広告を掲載しているだけのブログであれば利用できる場合があります。

 

無料画像の中には、商用利用を禁止しているものが少なくありませんが、アフィリエイトに関しては利用規約を定めていない場合が多いのです。

 

このように、商用利用とアフィリエイト利用は似たような意味に感じられるかもしれませんが、基本的には別箇のものとして扱われる傾向にあると覚えておくとよいでしょう。