読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


検索キーワードのボリュームとアフィリエイト収入のカンケイ

ここ数年はソーシャルメディアからのアクセス数もバカにできず、むしろブログのテーマによっては、ソーシャルからのアクセスがほとんどといったブログもあるでしょう。

 

ですが、基本的により多くの収益をもたらしてくれるのは、やはりGoogleやYahooから検索をしてきた検索アクセスのユーザーの方たちです。そこで今回は、検索キーワードのボリュームとアフィリエイト収入のカンケイについてご紹介したいと思います。

 

検索キーワードのボリューム

計画的にブログを始めている人ならまだしも、これからブログのテーマを定めて行こうという方は、そのテーマがどのぐらいのボリュームを持った検索キーワードなのかを把握する必要があります。

 

キーワードの月間平均検索ボリュームは、Google Adwardsのキーワードプランナーを使えば調べることができます。たとえば、「アフィリエイト」というキーワードを調べてみると、平均90500回の検索がされており、それなりに人気のあるキーワードであることがうかがえます。

 

色々と意見はありますが、「ブログだけで飯を食う」レベルであれば、10万以上のボリュームを持つキーワードに特化した方が良いのではないかという意見を持たれる方もいらっしゃいます。

 

“テーマに含まれるキーワードの需要として、どのぐらいが良いかよく聞かれる。ブログだけで飯が食えるぐらいのトラフィクを目指すのであれば10万以上が良いと思う。”

出典: ブログへの訪問者数とアフィリエイト収益を検索キーワードのボリュームから考える。

 

実際、単発のキーワードだけで収益化を狙うなら、そのぐらいのボリュームはあってしかるべきでしょう。特に、Google AdSenseなどクリック広告を主に収益源としている方の場合はまさにその通りだと思います。ただし、このレベルのボリュームで1位を獲得するのは、それなりに時間がかかる上、SEOなどに関する知識も必要になって来るかと思います。

 

そこで私が提案したいのが、数千~数万程度のボリュームしかないキーワードでいくつも1位を獲得するという方法です。

 

数千程度のキーワードの組み合わせを狙う

私のメインブログのキーワードは今のところ、最もボリュームの大きい検索キーワードでも22000程度で、検索順位は4位程度です。当然ですが、これ単体だけで収益を得るには心もとない数字です。

 

ですが、そのブログは月間20万円近くの収益を得ています。なぜこのようなことができるのでしょうか。

 

ズブの初心者のブログアフィリエイトは一年目でいくらの収入になるのか?

 

それは、4,5000程度のボリュームしかない複数のキーワード全てで検索順位1位になっているからだと言えます。このレベルであれば、(競合の程度にもよりますが)一度バズるだけでも簡単に検索順位1位を獲得できます。

 

このように、数千程度のボリュームしかなくとも、複数の検索キーワードで1位を獲得できれば、数万程度の検索キーワードで上位を取得するのと似たような力を発揮できるのです。

 

キーワードがアフィリエイトに向いているか

ただし、いくら検索キーワードのボリュームが大きくなっても、そのキーワードがアフィリエイトに向いているかどうかはちゃんと考えなければなりません。たとえば、近所の超有名飲食店を取り上げてブログに書いたとして、それを直接的にブログ収益につなげるのは難しいでしょう。

 

もちろん、飲食情報サイトの利用登録を促したり、アプリをインストールしてもらう方法はとれるかもしれませんが、記事との関連性が低く、あまり有効な方法とは言えません。

 

クリック広告などとは違い、アフィリエイトの場合はただアクセスを呼べばいいというものではなく、そのキーワードが広告収益にいかに繋げられるかがとても重要です。

 

検索キーワードのボリューム、広告収入への繋げやすさをそれぞれ考慮した上で、収益化を目指していくとよいでしょう。

 

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の広告主が書けない検索キーワード発想法

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の広告主が書けない検索キーワード発想法