ブロガーやアフィリエイターは芸人でなければならないが、芸にのっとられてはならない

以前、こんなコメントを見かけました。

 

「ブロガーやアフィリエイター、あるいはユーチューバーはプライベートを切り売りしているようなものだ。私はあんな生活はできない」

 

少しニュアンスは違うかもしれませんが、だいたいこんな文意だったと思います。確かに、プライベートのことを書きすぎて自宅を特定され、様々な被害を受けたブロガーの方は過去にもいらっしゃいます。

 

他にも、ブログのネタを探し続け、少し“やんちゃ”なことをする方もいらっしゃいます。近年のユーチューブに配信される動画やツイッターへの投稿は特にその傾向が顕著です。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか

 

ブロガーは芸人である

以前ご紹介したように、プロブロガーのイケダハヤトさんの考えと同様、ブロガーたちの最終的な目標地点は「芸能人ブログ」だと私は考えています。

 

 

ただ、皆さんは芸能人の方たちが“自分のプライベートを切り売り”していると感じていらっしゃるでしょうか。おそらく、そうではないと思います。彼らはTVの前での自分とプライベートの自分を切り分けているからです。

 

もちろん、自分の姿や芸をTVで売っているので、それがプライベートにも影響してくることはあるでしょうが、彼らはプライベートそのものを売っているわけではないのです。

 

同様に、長年ブログを書いている方に尋ねれば、おそらく“プライベートを切り売り”しているような感覚を持っている方ってほとんどいないと思います。彼らもまた、プライベートを売っているわけではないからです。

 

自己開示をするブログほどすぐ止めていく

最近、『Q.E.D.証明終了』という漫画の一部を切り抜いた画像のツイートを見て、深く感じ入ったのを覚えています。それがこちらのツイートです。

 

 

ブロガーやアフィリエイターもこれと同じだと思います。人前に出しても良い自分と不特定多数の人間には見せたくない自分を切り分け、前者のものだけを出すことが“芸”であり、“収益を得るためのブログの姿”なのでしょう。

 

基本的にブログを書き続けていると、さまざまな誹謗中傷が寄せられます。これはブログを運営する以上仕方のないことです。これについて「スルースキルを身につけろ」とよく言われますが、私は、厳密にはこの言葉は間違っていると思います。

 

正確には、「中傷されてもスルー出来るようなことしかブログには書くな」の方が正しいのではないでしょうか。自分にとって本当に大事なことを中傷されて黙っていられる人間はいません。

 

普通のブログなら怒って反論したり、ブログを書き続けるのをやめてしまってもいいでしょう。それはブログなのですから個人の自由です。でも、この記事を読んでいる方の多くはブログで収益を得たいと考えている“芸人”の方々だと思います。そういった方は、やはり“芸にできる自分”と“芸にならない自分”を切り分ける必要があるのではないでしょうか。

 

ブログで収益を得る上で最も大事なことは、稼ぐことでもなく、たくさんの人に見てもらうことでもなく、長期的に書き続けられることです。そのために“どこまでの自分を出していいのか”、“どこまでを芸として出せるか”について一度じっくり考えて見てはいかがでしょうか。

 

Q.E.D.証明終了(46) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(46) (講談社コミックス月刊マガジン)