読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


はてなブログのスマホレイアウトは変更しておかないと危険という話

先日、興味深い記事を見かけました。その中から一部、引用させていただきます。

 

Googleは、表示速度が遅いページが検索結果に出てきたときに、「Slow」と書かれたラベルを付けるテストを行っているようです。

 

―中略―

 

日本のGoogleでラベル表示するとしたら「遅い」になるでしょうか。クリックを躊躇させそうです。遅いページはユーザー体験を損ねるとして、検索順位を下げられることがあります。順位下げに加えて、警告にも似たラベル表示が今回は発見されました。速い表示は、ユーザーにとって非常に重要な要素だとGoogleは考えているのでしょう。

出典:Google、遅いサイトに付ける「Slow」ラベルをモバイル検索でテスト中か?

 

さて、この結果はmobile検索の結果によるものらしいですが、PC向けのページの表示速度が遅いことを指しているのか、mobile向けのページの表示速度が遅いことを指しているのかは現段階で不明とされています。

 

ただ、現在はテスト段階とはいえ、今後ページの表示速度が検索順位などに大きな影響を与えうる重要な要素になる可能性は否定できないでしょう。


こうしてみた時、はてなブログのmobile向け(スマホ向け)ページの表示速度は問題ないのでしょうか。

 

はてなのスマホページは表示が遅い

基本的に、はてなブログのスマホページの表示速度はデフォルトのままだと遅いです。その理由をいくつか示します。

 

1. タイトルとブログ説明、アイコンの読み込みがあるため

f:id:nyarumeku:20150227033351p:plain

 

2. プロフィール欄のIDなどの読み込みがあるため

f:id:nyarumeku:20150227030806p:plain

 

3. はてなブログ開発ブログなどへのリンクがあるため

f:id:nyarumeku:20150227030827p:plain

 

他にも、人気記事やブログ内検索などもありますが、これは人によってはマイナス要素とは呼べないので割愛します。いずれにせよ、はてなブログはデフォルトだとこれだけスマホでの表示速度を遅くする要素が含まれているのです。

 

もしも今後、本当にmobile向けページの表示速度によってGoogleの評価が変化するような事態になれば、はてなブログのデフォルトの状態で何の手も加えていないと、自動的に評価が下がってしまう恐れもあります。

 

また、今後の話をせずともデフォルトのレイアウトにしたままだと現状での問題も起こっています。詳しくは以下の記事に記載していますが、はてなブログのスマホユーザーは他のブログに比べて圧倒的に直帰率が高いのです。

 

 

おそらく、スマホ向けページのデフォルトでの表示速度が遅いことがその原因の一端と言えるでしょう。出来るだけ早く、スマホ向けレイアウトの表示を改善する必要があります。

 

スマホの表示速度を改善するために

まずは、ヘッダ部分のアイコンなどの読み込みを防ぐため、レイアウト変更をしてしまいましょう。結果的に「はてなブログっぽさ」も消せるので、お勧めです。そのやり方は以下の記事に書かれています(※スマホレイアウトを変更できるのははてなブログProユーザーだけです)。

 

 

次に、プロフィール欄のID読み込みとはてなブログへのリンクなどを全て非表示にしましょう。そのやり方は以下の記事に書かれています。

 

 

これだけでも表示速度はだいぶ改善されたはずです。ただ、広告収益のことを考えるなら、もう1つ対処しておくべきことがあります。それは320×100や320×50などの広告を使った時、はてなブログのデフォルトの設定では広告表示がズレてしまうという問題です。

 

Google AdSense広告などは特にこのサイズのバナーを使うことが多いので、AdSenseを使っている方は必須の対策だと言えます。そちらの対策法は以下のブログに掲載されています。

 

 

まとめ

細かいことのように感じるかもしれませんが、今後のスマホ向けページの表示速度問題の展望を考えれば、やっておいて損はない対策ばかりです。

 

今後の話をせずとも、これだけやっておけばAdSense収益だけを見ても大きく改善します。実際、私はこの対策をしてからAdSenseの収益効率が向上しました。皆さんも時間がある時に早めにスマホレイアウトの変更を行ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事