読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


パソコンが使えない若者のためにスマートフォン対応のアフィリエイトは必須

近年、若者のパソコン離れがさけばれています。「なんだ、いつもの“〇〇の若者離れ”か……」と侮らないでください。アフィリエイトをする者にとってはとても重要なことです。

 

PCからのアクセスが多い場合にはPC用のレイアウトをする必要がありますし、(普及率の低さからありえませんが)タブレットからのアクセスが多い場合には、タブレット用のレイアウトを考える必要が出てきます。でなければ、効果的に収益を得ることができません。

 

そこで今回は、本当に若者のPC離れが進んでいるのか、進んでいるとしたらどう対策すべきかに焦点を当てていきたいと思います。

 

若者のPC離れは進んでいるのか?

まず、本当に若者のPC離れは起きているのでしょうか。これについては株式会社ジャストシステムが行っている調査の結果が参考になります。

 

今年9月29日から10月2日にかけて行われた同社調査によると、スマホをメインの携帯電話として利用する15~19歳の男女が、パソコンからインターネットにアクセスする時間は1日あたり88.2分だった。1年前の同じ調査では143.9分だったというから、約3分の2に減少していることになり、「10代でパソコン離れが急加速」としている。

出典:いったいナゼ!? パソコンを使えない若者が急増中

 

このように、“PC離れ”というより正確には、“スマホ利用時間の増加”と言った方が正しいのかもしれません。ただ、いずれにせよPCからスマホへと利用者が急激に移り変わって行っているのが現状です。

 

同じような結果を示すデータとして、私のメインブログへのデバイス別アクセス割合をご覧ください。

 

f:id:nyarumeku:20150226134505p:plain

 

スマホからのアクセスはPCからのアクセスの2倍以上を占めています。この状況でスマホに対応したブログのレイアウトや広告対応をしないのは、収益を2分の1未満にしてしまっているのと同じだと言えるでしょう。

 

ただ、ブログを書いている人は自分がPC利用者のためか、「こんな変化は一時的なものだ。どうせPC利用者が増えるに決まっている」と述べる方もいらっしゃいました。ですが、多少振れ幅が戻ったとしても、私はスマホ優位の状態が変化することは無いと思います。

 

その根拠として、内閣府による2013年の若者のPC非所持率に関する調査データを見てみましょう。舞田先生という教育学者の方がそのデータをグラフにされているので引用させていただきます。以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:nyarumeku:20150226132548p:plain

出典:データえっせい: パソコンを持たない若者

 

PC離れがさけばれている15~19歳の若者ですら、PCの非所持率は30%ていどなのに、それ未満の年齢になると2倍以上の子どもがPCを所持していません。「子どもがPCを所持していないのは当たり前だろう」と思われるかもしれませんが、世界レベルで見た時に、明らかに日本の子どもだけがPCを使っていないのが分かります。

 

「どうせPC利用者が増える」と楽観視するのも構いませんが、少なくとも現状スマホの利用者が増えているのは事実なのですから、対策が後手後手に回らないように意識しておくのも重要です。

 

スマホユーザーはアフィリエイトの“お客さん”になりうるか?

ただ、スマホ利用者が増えているとは言っても、本当にスマホからアクセスしてきた読者がアフィリエイトの収益に貢献してくれるのでしょうか。

 

答えはYESです。

 

図表をそのまま引用すると規約違反になってしまうので、私のA8.netのデバイス別収益を数値だけご紹介します。

 

PC 51980円

スマホ 80822円

タブレット 5538円

その他 7025円

 

以上の数値を見ても分かるように、明らかにスマホユーザーの方がPCユーザーよりも収益に貢献してくれているのが分かるかと思います。数値の公開はできませんが、Google AdSenseの広告収益はさらにこの傾向が顕著になっています。

 

スマホユーザーに向けて広告やレイアウトを構成することは、結果的に自身の収益アップにつながると言ってよいでしょう。

 

アフィリエイト業界はどうなっているのか?

それでは、アフィリエイト業界の方はスマホユーザーに対してどのような動きを見せているのでしょうか。Cnet Japanのニュースを見てみましょう。

 

日本のスマートフォン広告市場規模が大きく伸長している。2013年は前年比193%となる1652億円。企業によるスマートフォンユーザーを対象とした マーケティング活動がより一層強化され、スマホ広告需要の裾野が前年より大きく広がった。スマートフォン広告市場で高いシェアを持つサイバーエージェント の子会社CyberZによれば、2014年には2300億円、2016年には3000億円を突破する見込みだ。

出典:サイバー、スマホ広告好調の要因「最強のセールスフォース&最高のサービスを両立」

 

やはり、スマートフォン利用者の増大に応じて、広告市場も広がりを見せているようです。そして、この流れは今後も大きくなっていくと予想されています。

 

そうした流れに乗って、各種ASPはスマホユーザー向けのASPを次々と打ち出しています。たとえば業界最大手のA8の母体であるファンコミュニケーションズが運営するMoba8.net もその1つです。こちらでは、A8に比べ、アプリのインストールによる成果報酬やスマホ向けバナーなどスマホ広告に特化した広告を主に扱っています。A8には無い独自の広告を扱っている点も魅力的です。

 

他にも、業界大手のバリューコマースは2014年に、スマホ向けのASPであるADPRESSOのサービスを開始し、次々とキャンペーンを打ち出しています。こちらはASPとは言っても、システムはAdSenseなどに近く、広告を貼るだけで最適な広告が配信されるようにシステム化されているようです。広告配信者が続々と増えており、収益も今後上がっていくことが期待されます。

 

このように、広告業界もASPのスマホ対応を急ピッチで進めていることがうかがえます。

 

まとめ

今回は若者のPC離れという話でまとめてきましたが、おそらく多くの人はプライベートではPCを一切使わずスマホだけという場合も少なくないのではないでしょうか。その傾向が若者に顕著というだけであって、これは大人も例外ではないはずです。

 

スマホという媒体が現れてから、Moba8.net ADPRESSOといったASPが現れたように、サイトや広告の有り方は大きく変わってきています。いずれにせよ、この流れに乗り遅れないようにすることが重要です。