アフィリエイターやブロガーが二次元だけでは暮らせない時代がやってくる

アフィリエイターに限らずユーチューバ―と呼ばれる人たちもそうですが、その先駆けとなった人たちの多くは法人化し、後進を育てる業務で収益を得るようになります。後進を育てるというよりはマネジメントするといった方が正しいかもしれません。

 

たとえば、ユーチューバ―のマネジメント企業として有名になったのが、HIKAKINさん率いる『UUUM(ウーム)』と呼ばれる会社です。

 

 

正直なところ、ユーチューバ―というものがどんな存在かは分かりませんが、アフィリエイターと似たような稼ぎ方をしている人たちだと思えば、どんな問題が将来的に起きて来るかはなんとなく分かります。

 

それは、社会的地位が低いという問題です。

 

広告収益を得る人たちの潜在的問題

ユーチューバ―やアフィリエイターはネタが無くなったら終わりだなんてことをよく言われますが、意外とその心配はないと思っています。ネタなんてものは正直なところどうでもよくて、ファン作りが最も重要だと述べたプロブロガーのように、自分の地位さえ築ければ後は適当なことを書いておけばそれでいいのです。

(もちろん収益面での話であって、倫理面の話ではないことはご留意ください)

 

そのプロブロガーの方は、「プロブロガーが最終的に目指す場所は芸能人ブログだ」と言われていましたが、まさにその通りだと思います。多くのブロガーやアフィリエイター、ユーチューバ―が目指すところは芸能人なのだと私は考えています。

 

そして、芸能人のように「ただ記事を書くだけで反響を呼べる」人間になるには、ネットの世界の活動だけでは限界があります。現実の世界でファンと呼べる読者や視聴者、もっと言うなら信者レベルの人間を作らなければいけません。そうして自分たちの社会的地位を高めていかなければなりません。

 

すると、どうしても現実世界との積極的な関わりを持たなければなくなるのです。

 

影響力を高める手段を考える

第一世代の人は「後進のマネジメント」に手を出したようです。私も第一世代であれば、まずそこに着手すると思います。自分自身の権威を高めることもできますし、まだ情報が少ないので持論を展開するだけでもそれが価値を生みます。

 

実際、今アフィリエイター/プロブロガーを名乗る人たちの多くはセミナー業や自分のサロンを開く活動などを行っています。以下の、AdSenseに関する知見の出版化などもまさにその1つの例と言えるでしょう。

 

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術

  • 作者: 染谷昌利,できるシリーズ編集部
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2014/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

他にも、講演や寄稿なども積極的に行われていますが、これらもその1つの手段と言えるでしょう。

 

ただ、問題なのがその後に出てくる第二世代、第三世代の人たちです。第一世代の人たちと同じことをやっても、それ以降の世代は上手く収益を上げることができません。

 

では、どうすればよいのでしょうか。

 

今後の予想とまとめ

もうすでに第二世代の人たちは動き始めているようですが、今後のブロガーやアフィリエイターは企業との連携を密にしたり、自身が企業の代表として活躍していくことが求められるようになるのではないでしょうか。

 

「何が“好きなことで自由に生きていく”だ。最近のブロガーたちは営業活動ばかりしていて、普通の人々よりも不自由さに縛られているではないか」というコメントを見かけたことがありますが、私も部分的には賛成です。

 

むしろブロガーやアフィリエイターは職業化していき、自営業としての側面が強くなると思います。ブロガーやアフィリエイターとして少し高めた知名度を使って、本業を運営し、またそこからブログやアフィリエイトに還元していくというスタイルが強くなるように思います。

 

というより、それができなければ今後何十年もの間、広告収益だけで暮らせる人はグッと少なくなってしまうのではないでしょうか。

 

実は、私もブログ運営の知識やアフィリエイトの知識を使って新たな試みを始めている最中です。そこに私なりの理念はありますが、お金儲けのためだと言われれば否定はできませんし、まさにそう言われてしまうこと自体がブロガーやアフィリエイターの地位の低さを示しているのだと思います。

 

少し話が横道にそれてしまいましたが、結局のところ、今後ブロガーやアフィリエイターに必要なのは経営者的感覚なのだと思います。そして、そういった感覚を持ったブロガーやアフィリエイターが今後生き残っていくことになるのではないでしょうか。