読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


アフィリエイトにアクセス解析は必須!無料のツールを使ってブログを分析

ブログのアクセス解析はブログ収益の事を考える上で非常に重要です。いつ、どんな記事を書いた時に、どんな人が、何回ほど、どのような方法で、自分のブログにアクセスしてきたかを知るには、アクセス解析をするしかありません。

 

加えて、それらの情報を知っているか知っていないかによって、ブログの収益化の方法は全く異なってきます。たとえば、リピーターが多いブログと新規アクセスが多いブログでは、今後立てていくべき方針が全く異なるでしょう。

 

ブログをただ書いているだけなら全く構いませんが、少なくともお小遣い稼ぎレベルの収益しか目指していなくとも、アクセス解析を導入して、たまにチェックしておくぐらいのことは必須だと言えるでしょう。

 

レンタルブログのアクセス解析はNG

こうしたアクセス解析をする際、皆さんはどんなソフトを使っていらっしゃるでしょうか。

 

はてなブログやFC2ブログなど、レンタルブログの場合はデフォルトでアクセス解析を備えていますが、基本的にこれらはデータが不十分です。

 

大抵は、一日のアクセス数をユニークアクセス(何人の人がアクセスしたか)とページビュー数(何ページ見られたか)に分けて表示してくれる程度です。あとは、twitterやGoogleなど、どこの媒体からアクセスしたかという程度でしょうか。

 

正直なところ、これらはアクセス解析としてはあまり役に立ちません。なぜなら、これらの情報はブログを書いている本人自身がすでになんとなく理解しているからです。1日あたりに何人来ているかが単純に分かったところで、意味はありません。

 

そのアクセス数は前日に比べてどのぐらい増えたか、何曜日の何時にアクセスが多かったのか、読者はどんな人かetc……こういった情報が分からなければ、アクセス解析をする意味も薄いと言えるでしょう。

 

ですので、普通は無料のアクセス解析ソフトあたりを使うのが一般的になってきます。

 

お小遣い稼ぎの人向けとそれ以上向け

そこで多くの方が使われているのが『Google アナリティクス』でしょう。正直なところ、このアクセス解析が有料のアクセス解析に劣るところはほとんど無いと言っても過言ではありません。むしろ、有料のアクセス解析よりもよほど優れているぐらい。

 

基本的にブロガーのアクセス解析と言えば、暗黙のうちにGoogleアナリティクスの結果を指していることがほとんどです。ただ、初めて使ってみた方は皆さん同じ感想を抱くと思います。

 

「まあ、分かりにくい!」

 

既に使用している方にはもう見慣れた画面かもしれませんが、初見の時に「セッション」と「ユーザー」の違いが分かったでしょうか。あるいはサイドバーの「インテリジェンスイベント」「コンバージョン」といった単語の意味が分かる人はいらっしゃるのでしょうか。

 

f:id:nyarumeku:20141110171031p:plain

 

もちろん、個人レベルでアクセス解析を出来るものとしては多機能であり、情報が詳細であることは疑う余地もありません。ですので、副収入レベル以上で収益を得たいと考えている人にとっては、難しくとも導入必須のアクセス解析だとも思います。

 

ただ、やっぱり“分かりにくい”ことは、少なくとも初心者にとってはそのまま“敷居の高さ”に直結してしまうのです。お小遣い稼ぎレベルの人が「やっぱり私にはアクセス解析なんて無理だわ」などと諦めてしまっては元も子もありません。

 

そこで、初心者向け、お小遣い稼ぎ向けにお勧めしたいのが無料でアクセス解析ができる『エースアナライザー 』です。以下が実際の使用画面になります。

 

f:id:nyarumeku:20141110172346p:plain

 

こうして見比べてみると分かりやすいですが、初心者が見て分からない単語というのがほぼありません。まぁ、せいぜい「クロール」ぐらいでしょうが、それは専門用語なのでどうしようもないです。要は検索エンジンがどのぐらいの頻度で自分のブログに来ているかの指標だと思ってください。

 

クロールの機能はGoogle アナリティクスなどでは分からないので、パッと見で分かるあたりは地味に有り難い機能だとも言えます。

 

ただ、もちろんこのツールにも欠点はあります。

 

特に重要なのが、以下の点です。

 

1. Analyticsほど詳細な機能は使えない(記事の動線分析など)

2. AdSenseやWebマスターツールと連携をとれない

3. 解析結果を公開してはいけない

4. Ace-Analyzerへのリンクテキストを張る必要がある

etc……

 

細かいことを挙げていけばキリが無いので、この辺でやめておきますが、重要なのは3番と4番です。3番の「解析結果を公開してはいけない」については以下の利用規約が該当します。

 

解析データーについて
利用者は自己使用目的でのみ解析データーを利用することができ、その他の目的で利用することはできません。

 

たとえば、「私のサイトってこのぐらいアクセスがあるんですよ」というアクセス公開のような目的外使用を禁じているということです。これは人によっては重要な点かもしれません。

 

とは言え、お小遣い稼ぎ目的の人や初心者の人が自ブログのアクセス公開などをすることはあまりないとは思います。それほど問題になることは多くないでしょう。

 

いずれにせよ、機能性という面においてはGoogleアナリティクスに2歩ほど譲ると思いますが、使いやすさという面においては1歩勝る簡単なツールなので初心者の方は利用してみると良いかと思います。


まとめ

アクセス解析はブログで収益を得ていく上で必須とも言うべき重要な要素ですが、それぞれのレンタルブログなどに最初から付いているツールでは、十分にそのデータを活かすことができません。

 

そこで、無料のアクセス解析を導入する必要があるのですが、目指すレベルによって使うべきツールは異なってきます。中級者以上を目指すという方は『Google アナリティクス』を使うべきですが、もしもお小遣い稼ぎレベルで良いと考えている方は『エースアナライザー 』を使うとよいでしょう。

 

いずれにせよ、自分の目的にあったアクセス解析ツールの使い方が重要です。