読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


SNSでシェアされるとブログやサイトの検索順位にどんな影響があるのか?ツイッターの事例をもとに

最近、ツイッター上でアフィリエイターの方が自分の作成したサイトを公開することが多くなってきました。

 

以前から、ブロガーの方たちは自分のブログ記事を更新したら、フォロワーに公開することが多かったですが、アフィリエイターがサイト自体を公開するといったことも頻繁に起きるようになってきたのです。

 

 

ただ、このサイト公開は「そのサイトを多くの人に広める」という以外にも、なんらかの意味があるのでしょうか?今回は、私の事例をもとにその効果について少しだけ考えてみたいと思います。

 

ソーシャルシグナルそのものは検索順位に影響しない

さて、本題に入る前に知っておくべきことがあります。それは、Google側がソーシャルシグナルは"直接"検索順位に影響しないと明言していることです。簡単に言えば、ツイッターやFacebookでいくらリツイート、シェアされようが、それだけで検索順位が上がるわけではありませんよ、ということです。

 

ただ、実際にツイッターやFacebookで記事がシェアされると、検索順位は高くなる傾向があります。

 

この理由について、ネットなどで調べてみると、「SNSにシェアされると、多くの人の目に触れやすくなり、様々なメディアに取り上げられやすくなるので、Googleから評価を得やすくなるのだ」と説明されることがほとんどです。

 

つまり、SNSにシェアされることで、他のブログやサイト、あるいははてなブックマークのようなソーシャルブックマークから被リンクを得られるので、記事が上位に来やすくなるという意味で捉えていいかと思います。

 

もちろん、それはツイッターやFacebookでシェアしてもらえる、一つの大きな意味であると言えます。

 

ただ、こうした話を前提にすると、一つ問題が残ります。それは、「アフィリエイター同士、あるいはブロガーが記事やサイトをツイッターで公開しても、検索順位は上がらないのか?」という点です。

 

ツイッターで見たぐらいの記事にわざわざリンクは貼らない

一般的な人ならともかく、多くの方はツイッターでリツイートされた程度の記事をわざわざ自分のブログやサイトで紹介したりはしません。せいぜい記事を読んでリツイートで回すかイイネするぐらいです。

 

そうすると、自サイトをツイッターで公開することに意味はないようにも思えます。ですが、実際にツイッターで自サイトをツイートしてもらうだけでも検索順位では上位に来やすくなる傾向があります。

 

たとえば、先日、私はもしもアフィリエイトに関する記事を公開しました。

 

 

こちらの記事は、昨日の公開時点でははてなブックマークなどのリンクももらっていませんでしたが、ツイッターで10回程度リツイートされた結果、公開2時間後には「もしもアフィリエイト」という単体キーワードで検索順位で3位にきていました(※更新してすぐは順位が上がりやすくなる傾向があるため、現在は8位に落ち着きました)。

 

もちろん、これはリツイート数そのものが検索順位に影響を与えたわけではないと思います。

 

それよりは、リツイートされた情報を見た方が増えてインデックスされる速度が早まったり、インデックスされる際に多くの人に見られたことで、記事の滞在時間など、その記事をGoogle側が評価する要素を提供したことが検索順位に影響を与えたのではないかと考えています。

 

ですので、SNSでリツイートされることそのものが重要なわけではなく、ツイートした記事がどれだけ多くの人に"実際に"読んでもらえるか、どれだけしっかり時間をかけて読んでもらえるかなどのほうが重要だと言えます。

 

中身のないサイトでもリツイートされれば上位に表示されるか?

そこで重要なのが、中身のない記事やサイトでも多くのフォロワーにリツイートしてもらえれば、順位が上がるのかという点です。

 

ここまでの事を見ても分かるように、おそらくそんなことはないでしょう。

 

あくまで「しっかり読者に読んでもらえるほど価値のあるサイトや記事を更新する」という最低限の目的を達成した記事でなければ、意味がないと言えます。

 

ともすれば、価値のない記事をフォロワーの"お情け"だけでリツイートされたはいいものの、真面目には読んでもらえず、むしろ直帰率が増し、検索順位に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

フォロワーは勝手にブログの価値を高めてくれる打出の小づちのような存在ではなく、きちんと本来の価値を評価してくれるだけのお客様だと思ったほうがよいでしょう。

 

ブログやサイトが評価されるうえで、ツイッター上でのブランディングは必要でしょうが、もともとのブログやサイト自体の価値を高めることが本来の目的であることは忘れてはいけないと言えるかもしれません。

 

Google AdSenseよりもAmazonアソシエイトの審査のほうが厳しいせいか、もしもアフィリエイトの登録が増えてきた?

アフィリエイトを始めようというとき、Google AdSenseに関しては、以前から審査が厳しいという話でしたし、ネットにも「Google AdSenseの審査に通るための方法」なんて記事がたくさんありました。

 

ですが、最近では「Amazonアソシエイトの審査に落ちた……」という話もよく聞くようになりました。そんな中で、「Amazonアソシエイトの審査に通る方法」なんて記事もかなり多く出てきた状態です。

 

みなさん、Amazonアソシエイトの審査に頭を悩ませている現状がうかがえます。

 

f:id:nyarumeku:20160303145112j:plain

 

玉石混交な「Amazonアソシエイトの審査に合格する方法」

ただ、そうした「Amazonの審査に通すための方法」といったタイトルの記事で、いろいろなブログを見てきましたが、まあ眉唾な話が少なくありません。

 

続きを読む

ブログの安全性や収益を上げるためにアフィリエイトBをメインサイトに使えないか打診中

アフィリエイトである程度成果が伸びてくると、あるいはアフィリエイトで成果を伸ばしたいと考えていると、アフィリエイト広告を配信しているASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)との交渉が必要になってきます。

 

ASPごとに交渉のしやすさは大きく違います。A社では通らなかった申請や交渉がB社では通ったということもよくある話です。そのため、アフィリエイターたちを優遇してくれるASPを選択することはとても重要です。

 

それに加えて、ASPを選択する際には「アフィリエイトリンクにno follow属性を加えられるかどうか」も重要になってくる可能性もあります。

 

続きを読む

アルコール記事を書きたい人はGoogle AdSenseをやめて他のクリック広告を使うべき

先日、このブログではクリック報酬広告をGoogle AdSenseから忍者Admax + nendへと変更しました。

 

詳しい経緯は以下の記事に書いてありますが、簡単に言えばGoogle AdSenseの広告配信停止を恐れたからです。

 

 

このブログはあくまでサブブログであり、もともとブログで得た収益の公開などをしていたため、運営上Google AdSenseとの相性が悪いという事情がありました。そこで、メインブログの収益とは切り分けて考えて、アドセンスの利用を停止したわけです。

 

そこで代わりのクリック広告としてPC向けに忍者AdMax、スマホ向けにnendを利用し始めたのですが、今回はそれによって分かったデメリットとメリットをご紹介していこうかと思います。

続きを読む

ブロガーはクロージングが下手?アフィリエイターから学ぶブログ運営のコツ

アフィリエイターがプロブロガーのブログなどを見て指摘することの1つに“クロージングの下手さ”があります。クロージングとは営業職の人に良く使われる言葉で、お客様に購入や契約を決断させることを指します。

 

ただ、突然「ブロガーはクロージングが下手」だと言われても、何のことか分からないかもしれません。そこで今回は、なぜブロガーはクロージングが下手だと言われるのか、上手く改善する方法はないのかなどについてご紹介します。

 

ブロガーはクロージングが下手って本当?

そもそもブロガーはクロージングが下手という指摘はなぜ生まれたのでしょうか。たとえば、以下の記事もその指摘をしている記事の1つです。

続きを読む

普通のバズではお金にならない?バズを上手く利用してブログの収益を上げよう

今回は、ブログアフィリエイト最大のメリットである、“バズ”を上手く利用した収益システム作りのお話をしたいと思います。解説に入る前に、そもそもバズとは一体何かを改めて確認しておきましょう。

 

“バズ(バズマーケティング)”とは、くちコミ・マーケティングの1つ。売り込みたい製品やサービス、ブランドが人的ネットワークやオンライン・ネットワークにおいて、話題になるように図るマーケティングアプローチをいう。

出典:情報システム用語事典:バズマーケティング(ばずまーけてぃんぐ)

 

 一般的には、ツイッターやFacebook、はてなブックマークなどのSNSを介して爆発的にアクセスを増やす状態をバズと言います。このバズを利用した収益化とは一体どのようにすればよいのでしょうか。

続きを読む