読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


スマホやタブレットでクレジットカード決済!各サービスの特徴やメリット・デメリットを比較

最近は、アプリを使ってiPadなどのタブレット、iPhoneなどのスマートフォンをクレジットカード決済端末として使うことが増えてきました。

 

今までは、専用のクレジットカード決済端末を使うことが多かったのですが、スマホやタブレットを使ったクレジットカード決済のメリットの多さから、店舗側も決済システムをどんどんタブレット、スマホに移行しているようです。

 

f:id:nyarumeku:20170410125410j:plain

 

タブレット・スマホでのクレジットカード決済メリット 

・初期コストが安い(5000円前後から)

・ランニングコストが無料

・クラウド会計システムなどとの連動が簡単で、売上管理が楽

・iPadがなくても、手持ちのiPhoneやその他スマホでも決済可能

・通常のクレジットカード決済より入金サイクルが早い(最短翌日)

 

チェーン店やフランチャイズにとっては必ずしも楽とは言えませんが、個人店にとっては、1. 圧倒的に安い費用で、2. ランニングコストなしで、3. 売上管理を楽にしてくれると、iPadのクレジットカード決済はメリットばかり。

 

手数料の面で「当店はクレジットカード決済を一切導入しません」という方でもなければ、スマホ・タブレットレジでのクレジットカード決済をおすすめします。

 

ただ、iPadやiPhoneでクレジットカード決済をすると言っても、そのサービスはいろいろ。そこで、代表的なカード決済システムをいくつかご紹介し、そのメリット・デメリットを比較していきます。

続きを読む

はてなブログでAMP対応!検索順位やブログ収入への影響を実験してみた

先日、アクセストレードが主催するセミナーに行ってきました。そこでは、最近話題のAMP(アンプ)についての解説が。

 

AMPとはものすごくざっくり言えば、「スマホユーザーに優しくて、読み込み時間を早くする」対応みたいな感じでしょうか。詳細はほかのサイトに譲りますが、ブログ運営をしている人にとって重要なのは、AMP対応によってどのようにアクセスや収益に変化があるのかということ。

 

AMPによって起きるメリットとは?

アクセストレードの社員の方のプレゼンによるとAMPによるメリットは以下の通り。

 

  1. Googleにニュース記事として取り上げられやすい
  2. アフィリエイトのCV率が向上する
続きを読む

アフィリエイトで稼げない初心者に足りない、たった一つのコツとは?

私がアフィリエイトを始めてから2年以上が経過しました。

 

業界では10年プレイヤーなど、もっともっと長生きの方もいらっしゃいますが、途中でドロップアウトしていく方も少なくないので、twitterやブログでも見かける顔ぶれはなんとなく固定化してきたように思います。

 

稼げているか稼げていないかはともかくとして、続けられる人とそうでない人、向いている人と向いていない人がやはりいるということでしょう。少なくとも、私はそのなかでは"続いている側"の人間だと思います(たった3年未満の話ですけどね)。

 

そんな私自身がアフィリエイトを始めてすぐのころもそうでしたが、最近twitterで他のアフィリエイト初心者の方のツイートを見ていて、ほとんどの初心者に共通すると思うことがあります。

 

そして、それがやはり収益を上げるうえでのネックになっているなとも。これはアフィリエイトで収益を上げるための具体的な方法論やテクニックの話ではありません。でも、それ以上に大切なことでもあります。

続きを読む

はてなブログで地域情報ブログを書くメリット!公式のおかげで、ほかのブログよりアクセスが呼び込めます

先日、はてなブログを使って名古屋の地域情報を紹介する雑記ブログを書き始めたことをご紹介しました。

 

 

実際に書き始めたのは、以下のブログ。私が住んでいる名古屋を中心に、色々な内容や感じたことについて紹介している雑記ブログです。厳密には地域情報ブログではないかもしれません。

 

とはいえ、以下のような名古屋の地域情報をまとめた記事もあるので、名古屋の地域情報がメインのブログと言ってもいいでしょう。

 

続きを読む

地域情報ブログが熱い!ということで、名古屋や旅行記事をメインにした雑記ブログを作ってみた感想

最近、地域情報ブログに強い関心が集まっています。昔から地域を取り上げるブログはたくさんあったのですが、その効果や他メディアとのタイアップなどもあり、改めてその力が見直されているようです。

 

たとえば、枚方市の地域情報ブログである「枚方つーしん」なども、いろいろなブログやサイトで、地域情報ブログの成功例のひとつとして取り上げられるようになりました。

 

続きを読む

SNSでシェアされるとブログやサイトの検索順位にどんな影響があるのか?ツイッターの事例をもとに

最近、ツイッター上でアフィリエイターの方が自分の作成したサイトを公開することが多くなってきました。

 

以前から、ブロガーの方たちは自分のブログ記事を更新したら、フォロワーに公開することが多かったですが、アフィリエイターがサイト自体を公開するといったことも頻繁に起きるようになってきたのです。

 

 

ただ、このサイト公開は「そのサイトを多くの人に広める」という以外にも、なんらかの意味があるのでしょうか?今回は、私の事例をもとにその効果について少しだけ考えてみたいと思います。

 

ソーシャルシグナルそのものは検索順位に影響しない

さて、本題に入る前に知っておくべきことがあります。それは、Google側がソーシャルシグナルは"直接"検索順位に影響しないと明言していることです。簡単に言えば、ツイッターやFacebookでいくらリツイート、シェアされようが、それだけで検索順位が上がるわけではありませんよ、ということです。

 

ただ、実際にツイッターやFacebookで記事がシェアされると、検索順位は高くなる傾向があります。

 

この理由について、ネットなどで調べてみると、「SNSにシェアされると、多くの人の目に触れやすくなり、様々なメディアに取り上げられやすくなるので、Googleから評価を得やすくなるのだ」と説明されることがほとんどです。

 

つまり、SNSにシェアされることで、他のブログやサイト、あるいははてなブックマークのようなソーシャルブックマークから被リンクを得られるので、記事が上位に来やすくなるという意味で捉えていいかと思います。

 

もちろん、それはツイッターやFacebookでシェアしてもらえる、一つの大きな意味であると言えます。

 

ただ、こうした話を前提にすると、一つ問題が残ります。それは、「アフィリエイター同士、あるいはブロガーが記事やサイトをツイッターで公開しても、検索順位は上がらないのか?」という点です。

 

ツイッターで見たぐらいの記事にわざわざリンクは貼らない

一般的な人ならともかく、多くの方はツイッターでリツイートされた程度の記事をわざわざ自分のブログやサイトで紹介したりはしません。せいぜい記事を読んでリツイートで回すかイイネするぐらいです。

 

そうすると、自サイトをツイッターで公開することに意味はないようにも思えます。ですが、実際にツイッターで自サイトをツイートしてもらうだけでも検索順位では上位に来やすくなる傾向があります。

 

たとえば、先日、私はもしもアフィリエイトに関する記事を公開しました。

 

 

こちらの記事は、昨日の公開時点でははてなブックマークなどのリンクももらっていませんでしたが、ツイッターで10回程度リツイートされた結果、公開2時間後には「もしもアフィリエイト」という単体キーワードで検索順位で3位にきていました(※更新してすぐは順位が上がりやすくなる傾向があるため、現在は8位に落ち着きました)。

 

もちろん、これはリツイート数そのものが検索順位に影響を与えたわけではないと思います。

 

それよりは、リツイートされた情報を見た方が増えてインデックスされる速度が早まったり、インデックスされる際に多くの人に見られたことで、記事の滞在時間など、その記事をGoogle側が評価する要素を提供したことが検索順位に影響を与えたのではないかと考えています。

 

ですので、SNSでリツイートされることそのものが重要なわけではなく、ツイートした記事がどれだけ多くの人に"実際に"読んでもらえるか、どれだけしっかり時間をかけて読んでもらえるかなどのほうが重要だと言えます。

 

中身のないサイトでもリツイートされれば上位に表示されるか?

そこで重要なのが、中身のない記事やサイトでも多くのフォロワーにリツイートしてもらえれば、順位が上がるのかという点です。

 

ここまでの事を見ても分かるように、おそらくそんなことはないでしょう。

 

あくまで「しっかり読者に読んでもらえるほど価値のあるサイトや記事を更新する」という最低限の目的を達成した記事でなければ、意味がないと言えます。

 

ともすれば、価値のない記事をフォロワーの"お情け"だけでリツイートされたはいいものの、真面目には読んでもらえず、むしろ直帰率が増し、検索順位に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

フォロワーは勝手にブログの価値を高めてくれる打出の小づちのような存在ではなく、きちんと本来の価値を評価してくれるだけのお客様だと思ったほうがよいでしょう。

 

ブログやサイトが評価されるうえで、ツイッター上でのブランディングは必要でしょうが、もともとのブログやサイト自体の価値を高めることが本来の目的であることは忘れてはいけないと言えるかもしれません。